「1986年」カテゴリーアーカイブ

広島弁護士会史

『広島弁護士会史』(広島弁護士会、19860701)

目次

発刊にあたって
発刊に寄せて
序章 戦後の弁護士会
序章 戦後の弁護士会
1  原爆と終戦直後の弁護士
2  新憲法施行と弁護士
3  新弁護士法と弁護士会
第1章 広島弁護士会の運営機構
第2章  県民の要請に応える活
第3章  会員の要請に応える活動
第4章 事件活動
1 八海事件
2 加藤新一翁再審事件
3 広島大学癌人体実験について
広島大学原爆放射能医学研究所外科I助教授グループの研究
4  シージャック事件
5 仁保事件
6 原爆訴訟
はじめに
原子爆弾による被害とその責任
東京原爆訴訟
桑原原爆訴訟
石田原爆訴訟
孫振斗
我々の課題
7 広島スモン訴訟
第5章 中国地方弁護士会連合会との関係
1 中国地方弁護士連合会の概要 329
2 中弁連大会 331
3 日弁連副会長候補者選出 347
4 相互扶助制度
第6章 日本弁護士連合会との関係
1 定期総会 355
2 人権擁護大会 364
3 夏期特別研修 367
4 司法シンポジウム 371
5 瀬戸内海汚染シンポジウム
第7章 裁判所、検察庁との関係
第8章  司法をめぐる諸問題
第9章  弁護士会館の建設
資料編
1  先進(物故)会員を偲ぶ-座談会-
(広島弁護士会会報8号~40号掲載されたものの)
2 広島弁護士会会則
3  歴代会長、副会長
4 広島弁護士会略年表(戦後)
20年 原爆により会員23名逝去
<以下略>
5  新弁護士会館見取図
6 会員名簿(昭和61年4月30日現在 217名)
編集後記 秋山光明
執筆者

 

原爆体験記読書会(198604~198703)

原爆体験記読書会
呼び掛け人:田原幻吉・宇吹暁
全11回(198604~198703)

原爆体験記研究会1986a

 

出席者
1 04 08 「絶後の記録」

参加者:大野・中川・豊永・宮道・舟橋・冨沢・春日・羽原・内田・宇吹・田原

2 05 13 参加者:中川・若林・江崎・豊永・宮道・冨沢・羽原・内田・渡辺・宇吹・田原
3 06 10 「原爆の子」。

参加者:大野・若林・江崎・豊永・宮道・舟橋・宇吹・田原

4 07 08 参加者:大野・中川・豊永・羽原・内田・宇吹・田原
5 09 09 「星は見ている」。

参加者:大野・若林・江崎・豊永・舟橋・宇吹

6 10 14 参加者:大野・若林・舟橋・内田・宇吹・田原
7 11 11 「天よりの声」。

参加者:中川・豊永・舟橋・内田・宇吹・田原

8 12 09 「もうひとつのヒロシマ」。

参加者:中川・若林・江崎・豊永・舟橋・羽原・内田・宇吹・田原

9 01 13 参加者:若林・江崎・舟橋・内田・渡辺・宇吹・田原
10 02 10 参加者:江崎・豊永・宮道・内田・宇吹・田原
11 03 10 参加者:大野・若林・豊永・宮道・舟橋・羽原・内田・島津・宇吹・田原

年表:原爆展(1986年)

年表:原爆展(1986年)

記事
01 08? 広島市、 4月下旬にカナダ・バンクーバー市で原爆展を開催することを決定。
02 05 大分県中津市の市民グループ、来広し、 3月に中津市で開かれる博覧会での「非核平和展」開催について、広島市に協力を要請。
02 05 大分県中津市の市民グループ、長崎市を訪れ、 3月に中津市で開かれる博覧会での「非核平和展」開催について、長崎市に協力を要請。
02 14 「核軍縮を求める22人委員会」、東京で、定例総会を開催。 5月の先進国首脳会議(東京サミット)にあわせて、東京都内で原爆写真・資料展を開催することを決定。
02 20 ブラジル・サンパウロ市で開かれた南米初の「広島原爆平和展」が 同国マスコミ協会の「1985年優秀展覧会賞」に選ばれたことが、判明。
03 05 「核軍縮を求める二十二人委員会」、 5月の先進国首脳会議(東京サミット)にあわせての都内での原爆展開催などについて、政府に協力を要請。
03 07 外務省、 5月の東京での先進国首脳会議に合わせて開かれる原爆展について、PRなどの協力はすると発言。
03 11 国際軍縮促進議員連盟、外相に、 5月の先進国首脳会議の会場などに、原爆資料を展示することを提案。
03 21 大分県中津市の博覧会パビリオン「非核平和館」で、広島県の児童が原爆死没者を描いた「十四万人の顔」を展示。
03 22 中曽根首相、先進国首脳会議の関連施設での原爆資料展開催について、協力するのは困難との考えを表明。
03 28 長崎市、中国・北京で10月に開催予定の「核兵器-現代世界の脅威」展への代表団派遣計画を発表。
04 04 広島市、カナダ・バンクーバー市での原爆展に向け、写真・資料などを送付。
04 05? 東京での先進国首脳会議(5月 4日- 6日) に合わせて開く原爆写真展の開催場所( 国会前の憲政記念館) ・日程(6- 7日) など、内定。
04 09 外相、衆院外務委で、 5月の先進国首脳会議会場での原爆資料展開催は困難だが、広島・長崎両市長と各国首脳の会見を取り次いでもよいとの考えを表明。
04 16 テレビ番組「ひろしまTODAY60’」( 広島テレビ) 、カナダでの原爆展について放送。
04 21 中国・北京で、10月に「核戦争の脅威と核エネルギーの平和利用展」( 国連広報局・創価学会共催) が開催されることが決定。
04 24 カナダ・バンクーバー市で、「原爆資料展」( 同市主催) 、開催( 26日まで)広島市長ら、開会式に出席。
04 25 イタリア・コモ市で、「世界平和連帯都市欧州市長会議」開催。同会議にあわせて、原爆展開催( 27日まで) 。長崎市、市長代理として収入役を派遣。
05 02 先月訪朝した自民党広島県議団、北朝鮮での初の原爆展開催の可能性が大きいことを発表。
05 06 国際軍縮議員連盟・広島・長崎両市など、先進国首脳会議にあわせて、東京で、「ヒロシマ・ナガサキ原爆写真・資料展」を開催(7日まで、約 480人入場、各国首脳の入場はゼロ) 。
05 12 ブラジル・サンパウロ市で昨年開かれた「ヒロシマ平和展」が縁で、サンパウロ州政府スポーツ観光局広島事務所が開設。
05 23 長崎市、10月に北京市で開かれる「核兵器-現代世界の脅威」展への代表派遣計画を見送ることを決定。
06 09 広島県庄原市で、「ひろしま・ながさき原爆写真展」( 広島・長崎両県共同企画) 開催( 12日まで) 。
06 23 ヒロシマ・ナガサキ原爆写真展(広島・長崎両県主催)、呉市で開催(28日まで)。
06 25? 広島市安佐北区の高陽公民館で、原爆写真展開催(8月 7日まで) 。
07 22? 大竹市の郵便局で、原爆資料写真展開催。
07 29 広島県佐伯郡大野町、「町民のつどい」を開催(8月 3日まで) 。「市民が描いた原爆の絵」の展示・原爆映画上映会など。
07 30? 長崎県南高西有家町で、ナガサキ原爆写真展( 町・県被爆者手帳友の会西有家支部共催) 、開催( 30日まで) 。
08 01 広島市役所に旧庁舎地下室を利用した被爆資料展示室、開設。被爆写真・遺物など84点を展示。
08 02 「平和のための京都戦争展」、京都市で開催( 今年で 6回目、10日まで) 。テーマ「ノーモア、ヒロシマ、ナガサキ、ビキニ」他。
08 05 八王子市、国際平和年記念事業として、原爆資料展を開催( 17日まで) 。
08 07 「ながさき原爆の写真展」、長崎市の平和公園で開催(10日まで)。
08 14 広島市民の描いた原爆絵画展、京都市で開催 (19日まで) 。
08 23 長崎青年会議所、島原市での青年会議所九州地区会員大会に合わせて、「長崎・広島原爆写真パネル展」を開催(24日まで)。
08 24 「反トマホーク・戦艦ニュージャージー寄港反対全国集会」、佐世保市で開催 (約9500人参加) 、被爆写真展・原爆映画上映など (30日まで) 。長崎県被爆者手帳友の会会長ら、参加。
08 31 広島市社会福祉協議会、東京での第23回国際社会福祉会議会場で、原爆資料展を開催。原爆被害の概要をまとめたパンフレットを配布。
09 04 仏ベルダン市で、「ヒロシマ・ナガサキ原爆写真展」開催。(約1カ月)。広島市平和文化センター、被爆写真パネルなどをベルダン市に寄贈。
10 21 中国・北京市で、「核戦争の脅威と核エネルギーの平和利用展」(国連広報局・創価学会主催)、開催(30日まで)。長崎市長、開幕式に出席。広島市、訪問団を派遣。
10 29 長崎県江迎市北松世知原町で、同町初の原爆写真展開催(30日まで)。
11 02 長崎県松浦市北松福島町の第8回文化祭で、原爆写真展・原爆映画映写会開催(3日まで)。

資料調査通信(広島大学原医研)1986年

資料調査通信 1986年

第50号(1月号)-第59号(11・12月号)

 

分冊 記 事
50  1 1 被爆問題年表 1986年1月 1 7
50  1 1 原爆関連テレビ番組一覧 1985年 8 18
50 2 1 資料:原爆報道 新聞連載一覧 長崎編(1945ー1984) 1 48
50   1 資料調査通信索引 (1~50号) (別紙リーフレット) 1 2
51   2/3 被爆問題年表 1986年2月 1 6
51   2/3 被爆問題年表 1986年3月 7 14
51   2/3 原爆関係新聞社説・投書一覧 「「中国・朝日・毎日・読売・長崎「「1985年 15 24
52   4 被爆問題年表 1986年4月 1 8
52   4 THE NEW YORK TIMES の中のヒロシマ・ナガサキ (9)1977-1983年 9 13
52   4 原爆関連テレビ番組一覧 (1982-1984年) 原医研ビデオ所蔵分 14 18
53   5 被爆問題年表 1986年5月 1 10
53   5 トピック 原爆供養塔の遺骨をめぐって 11 11
53   5 トピック 新聞による年表―原爆供養塔の遺骨引き渡し(1968ー1985年) 12 16
54   6 被爆問題年表 1986年6月 1 9
54   6 被爆後1年間の長崎-慰霊行事表   10 12
54   6 被爆後1年間の長崎-慰霊行事表 弔辞と1945-1952年の関係記事 13 23
ヒロシマの「史点」 占領下の原爆文献考
55   7 被爆問題年表 1986年7月 1 15
55   7 被爆者対策史 年表 1945(昭和20)年 16 22
56   8 被爆問題年表 1986年8月 1 25
57   9 被爆問題年表 1986年9月 1 6
57   9 被爆者対策史 年表 (2)1946-1948年 7 18
58   10 被爆問題年表 1986年10月 1 8
58   10 被爆者対策史 年表 (3)1949-1950年 9 16
59   11/12 被爆問題年表 1986年11月 1 7
59   11/12 被爆問題年表 1986年12月 8 13
59   11/12 連載記事一覧 1986年 14 29

 

失った日から-原爆・引揚・教育・戦中の暮し体験記

『失った日から-原爆・引揚・教育・戦中の暮し体験記 』(広島県退職婦人教職員の会戦争体験記編集委員会、19861022)

内容

発刊に寄せて 空辰男(広島県教職員組合 執行委員長)
はじめに 森本喜代子(広島県退職婦人教職員の会 会長)
抑留そして引揚げ-敗戦の混乱の中で-
失った日から  高松キヌヨ /夫は現地召集で北満の戦場へ  藤本ツヤ子  /満州の修羅場に病癒えず  阪田セツエ  / 引揚者の姉  久保井ミツル  / 飢えと乾きと恐怖と  江口昌子  / 三十八度線を越えて  永井安子 / 国語教師として四年半  樋田美和 / 海岸線を引潮にそって  金子雪美 /  出産前零下二十度の海辺を  村上愛美  / 行きます の一言を残して  中岡梅代  / 別離の悲しみ  亀山芳枝  / 身も心も朽ち果てて  浜岡千代子
火傷の熱き教え子なりき-被爆体験・救援活動の記録-
番号になってしまった骨たち  樫木静子  /青春を襲ったケロイドに死を  半田孝江  /かぼちゃ の味  藤野美奈子  /ひとりだけの火葬  吉川哲子 /4 瞼に焼けつく郊外での体験  吉川昌子  /うじが連なって出てきた  藤川トシ子  /教室内は生地獄  吉宗英子  /火傷の熱き教え子なりき  八尾井弘子 /何処で命つきたか  甲斐美重子  /祖母から孫へ  下岡好枝  /一滴の涙もこぼれなかった  井岡清子 76 / なにひとつ語らず  渡辺ツユ子
君を縊ったその綱の端を-戦時下の学校教育-
負けないと信じて  小林恵美子  / 栄養補給を山羊乳で  宮本イズミ / 東の空が真っ赤だ  森本喜代子  / 厳寒も素足で-教師一年生  山口妙子 / 養護教諭として  平林艶子  / 教師として出征兵士の妻として  奥とわ  / 空襲のあいまを縫って学校へ  岡野聖子  / 前線もなく銃後もなく  秦三枝  /戦争と増産作業と疎開児と  立石ハルエ  /右向け右!  豊獄満起子  / 一堂に会して竹槍訓練  広沢綾子 /戦争さ中を教員生活  長岡キヨコ  /毒ガス島へ教え子を  奥田澄江  / 砂にしみ込む水のように  阿川智子  /騙されていた教育  前田典子  /戦中のこと  久保美智子  /勝つことを神国を信じ込まされ  宮崎瞳  / 青春のすべてを費やして知った  野曽原登美恵  /戦時下の生活  三上末美 /奉安殿は未婚の女子の守る所  佐伯静子 124 / 戦争まっただ中の学生生活  高垣ミエ子  /ススメススメヘイタイススメ  高橋郁子 /
楽しかるべき日々を失って-学童集団疎開-
飲まず食わずで七十余軒 井岡清子
欲しがりません勝つまでは-戦時下の暮し-
お父さん!帰って来て!-家族の想い-
降りそそぐ焼夷弾の下で-空襲の日々-
呉市大空襲の夜 渡辺美智子
わが青春死線を越えて-従軍看護婦の軌跡-
あとがき

 

 

 

高校生の平和ハンドブック

『高校生の平和ハンドブック』(森田俊男・小岩井益夫・沢野茂男著編、平和文化刊、19860707 )

目次

 核廃絶を求める高校生の平和アピール  (19820805)
長崎高校生平和ゼミナール 広瀬方人(世話人)
埼玉高校生平和ゼミナール 小岩井増男(世話人)
呉・高校平和の集い 大田英雄(世話人)
広島高校生平和ゼミナール 横山英(校長)
 はじめに:地域にねざし、人類の課題を担う日本人ヘ 森田俊男
1 ここまできたぞ高校生
1-1 雨ニモマケズ、風ニモマケズ
1-2 核時代を生き抜く力を
1-3 ノエルベーカーの手紙
1-4 高校生は世界史をつくる
1-5 ヒロシマの叫びを ともに
1-6 人類の良心を引き継ぐもの
1-7 いつでもどこでも平和ゼミ
1-8 平和のための学力を
1-9 明日ではおそすぎる
2 ワイワイ、ガヤガヤやってるぞ!
報告
1 長野  1160名の「生徒会平和宣言」  宮下与兵衛
2  山形 「ノエルベーカーの手紙」運動《国際版》  管幹雄
3 高知  いま、「足もと」から平和と青春を考えよう  上岡橋平
4  呉 戦跡フィールドワークを受け継ぐ高校生-呉地区高校生平和の集いの12年  大田英雄
5 神奈川 「ヒロシマ研究旅行」は生徒を変える  亀井博
6 広島  ヒロシマからの報告-合唱構成詩「見えてきたヒロシマ・ナガサキ」  沢野重男
7 埼玉 「50字メッセージ」から「平和討論会」  小岩井増男
特別報告・京都 現代を生きる高校生たち―同和教育にかかわってきた道をふりかえりながら  石田真一
3 平和学習講座を自主編成してみよう!
3-1 物理・原爆炸裂時の火球表面温度の推定、他  大亀信行
3-2 現代社会・核戦争はおきるか-ザ・ディ・アフター   沢野重男
3-3 英語・平和を求める手紙を英語で書いてみよう!  管幹雄
3-4 国語・峠三吉の生き方  深川宗俊
3-5 国語・ヒロシマの詩の艦賞と創作  山岡照
3-6 美術・美術と平和のかかわり・ゴヤの生き方と作品を通して  鈴木勉
3-7 家庭・戦時食を調理・試食してみよう  辻井敏子
3-8 書道・書(道)で平和を訴える  森下弘
3-9 音楽・「鳩の絵を書こう」  黒板正文
4 高校生は世界史をつくる
4-1 18歳公民権をにないうるものに-国民主権と人権の感覚を
4-2 18歳以下の青少年に意見表明の権利を-国際的な動向をふまえ
4-3 高校生は世界史をつくる
おわりに 小岩井増男

 

 

真珠と桜

『 真珠と桜 「ヒロシマ」から見たアメリカの心』(秋葉忠利、朝日新聞社、19860720)

目次

章(頁) タイトル メモ
はしがき
怒涛
009 アキバ・プロジェクト  ローカル・ジャーナリストを広島へ
(『ヒロシマ』森下弘)あなたの目で確かに見つめなさい
039 平和の使徒 アメリカ人の原爆観
(アメリカ合衆国国家)赤いロケットの焔/空中に炸裂する爆弾/それは星条旗が翻っている証(しるし)
058 卑劣な日本人 悪の原点=パール・ハーバー
(能『葵上』)今の恨みはありし報い 瞋恚の炎は身を焦がす 思い知らずや 思ひ知れ
079 一人ひとりの顔 記者たちの広島体験
(『法句経』友松円諦)われらはここ 市の領域に近し… このことわりを知る 人々にこそ かくしていさかひは止まん
源流
097 鎖を断つ プロジェクト実現まで
118 他人の痛み 私の見た平和運動
136 道端の焼夷弾 私の戦争体験
156 カラオケに耳を覆う 文化の壁は越えられるか
179 プラウド・オブ・ユア・サン アメリカで父になる
分水
201 ビッガー・ザン・ユー カウボーイ社会アメリカ
225 医者と患者の関係 エキスパートの支配
243 ワシントン・シンドローム 忘れられる過去
265 死を歓迎する心 被爆者は『生ける屍』か
281 二重被爆者神話 アメリカ社会の無力感
303 現実と想像力 平和への意志
327 あとがき

ヒロシマの「史点」―占領下の原爆文献考(目次)

ヒロシマの「史点」 占領下の原爆文献考<『中国新聞』19860630~0812、30回連載、担当:冨沢佐一郎記者)。

目次

No. 見出し(文献名) 見出し
1 石うすの歌 初の被爆テーマ小説 小学国語のテキストに
2 終戦経緯報告書 国が被害データ発公表
3 絶後の記録 被爆直後の壮絶なルポ
4 ちちははの鐘  自分の理念盛った三吉
5 回顧五年原爆広島の記録  「8・6」の思い込める
6 原子爆弾傷  「ガス」の部分伏せ字に
7 原爆体験記  根拠薄い初刊本発禁説
8 月刊中国  1年後廃虚の街を特集
9 原子爆弾と世界恐慌  知られていない小冊子
10 原爆の子  素朴な表現で反響呼ぶ
11 科学朝日  投下操縦士の証言掲載
12 原子爆弾(同盟通信版)  GHQ意識 外電で構成
13 原子爆弾の法律観  国際法の精神転換迫る
14  御楯隊しのぶ学徒の声
15 ヒロシマを忘れるな  禁止訴え署名呼びかけ
16 原子力の軍事的利用  極秘に印刷された2冊
17 反戦詩歌集  人類の愚挙へ怒りの声
18 ピカドン  絵で告発した最初の本
19 生ましめん哉  最も早い時期の有名詩
20 原子爆弾の効果 兵器としての威力誇示
21 ヒロシマ日記  米国で出版され逆輸入
22 あの当時  両親慕う孤児の思い
23 天よりの大いなる声  1年半も出版ためらう
24 原爆体験記(京都大学版)  学生が危機感抱き編集
25 ヒロシマ  悲惨さを世界に初紹介
26 夏の花  体験記の枠超えた傑作
27 屍の街  初版本は5節分を削除
28 さんげ  被爆の非情短歌で告発
29 原爆詩集  峠三吉の唯一の作品集
30 まとめ  ”神話”の洗い直し急げ
プレスコード神話、強すぎた自己規制、収集保存に努力を
「メモ(抜粋)この企画は、30年間にわたって原爆文献を収集、調査してきた「 ピカ資料研究所」( 田原幻吉(ピカ資料研究所代表))の資料を中心に構成した」>

 

ヒバクシャ-ともに生きる第5号

『ヒバクシャ-ともに生きる第5号』原爆被害者相談員の会、19861211

目次

 鈴木 勉 はじめに
第二回・平和的生存のためのボランティア講座
被団協調査
 原爆被害者相談員の会事務局 日本被団協調査のとりくみをふりかえって
証言活動
  久保浦寛人 証言のつどい五年の歩みから
一九八六年度証言活動一覧
活動報告
 広瀬 勝 原爆遺跡めぐりに参加して
 加藤礼子 中国を訪問して