「2006年」カテゴリーアーカイブ

被爆者からの伝言 原爆の実相を語りつぐ

『被爆者からの伝言 原爆の実相を語りつぐ』(日本原水爆被害者団体協議会、あけび書房、19950601)(DVD付 20060601)

内容

『被爆者からの伝言』刊行にあたって
1 紙芝居(ミニ原爆展パネル)のシナリオと解説
2 原爆、そして被爆者のはなし
(1)原爆被爆者とは
(2)被爆者の死
(3)被爆者の生
(4)原爆はなぜ投下されたか
(5)アメリカは被爆者に何をしたか
(6)日本政府は被爆者に何をしたか
(7)被爆者の要求
(8)被爆者の運動
(9)被爆者の網の目援護・相談活動
(10)被爆の実相普及、語り残し運動
(11)被爆者を包む運動
3 広島・長崎の碑・遺跡・施設めぐり
  広島の部
長崎の部
4 資料篇
 原爆・被爆問題の文献目録
原爆と児童文学
反核・平和のうた(歌詞カード)
各地の原水爆被害者の会連絡先
あとがき
19950601=備考 3点セット; 紙芝居・ミニ原爆展パネル32枚 ; 解説書 ; 紙芝居ナレーション, 反核・平和のうた
20060601=備考 Set: 解説書(88p 26cm) ; 紙芝居兼ミニ原爆展パネル(B4・32場面) ; 付属資料: DVDビデオディスク(1枚 ; 12cm 32分) ; 付属資料: 原爆関連グッズ(5点)

 

修学旅行[2006/10/25(水)~28(土)]

『修学旅行[2006/10/25(水)~28(土)]』(埼玉県立飯能高等学校、0080308)

目次

002 実施要項
003 参加者DATA+旅行委員名簿
004 全体行程(分宿+クラス別)
014 行程
079 班のまとめ
126 PTA広報誌から
128 <寄稿>関千枝子「あの日、言い残したこと」
「修学旅行通信」(No.1~No.164)

 

書誌2006

書誌2006

本・パンフレット

書名 著者 発行所 発行年月日
 戦後社会運動史論-1950年代を中心に-  広川禎秀・山田敬男編  大月書店  20060120
“戦争と科学”の諸相-原爆と科学者をめぐる2つのシンポジウムの記録 広島大学総合科学部/編 市川浩/責任編集 山崎正勝/責任編集 丸善
長崎医科大学と原爆-被爆60周年記念誌- 長崎大学医歯学総合研究科付属原爆後障害医療研究施設・長崎医学同窓会 20060315
基幹共同研究「戦争体験の記録と語りに関する資料論的研究」 平成18年度第2回研究会 報告・討論要旨集 国立歴史民俗博物館 20060401
近きに在りて 第49号 横山英先生追悼特集 広島中国近代史研究会(汲古書院) 20060530
ヒロシマと音楽 「ヒロシマと音楽」委員会編 汐文社 20060710
広島から世界の平和について考える 広島大学文書館/編 原爆放射線医科学研究所附属国際放射線情報センター/[編] 平和科学研究センター/[編] 現代史料出版 20060725
編集・発行者: 小栗康治(広郷土史研究会員)<昭和図書館蔵>  200607
劫火の記憶-福山市原爆被害者の会50年の歩み 福山市原爆被害者の会 20060801
広島 爆心地中島 原爆遺跡保存運動懇談会編 新日本出版社 20060806
戦争の記憶と和解 池尾靖志/編著 五十嵐美穂子/[ほか著] 晃洋書房 20060815
呉海軍病院史 呉海軍病院史編集委員会 20061001
いまに問うヒバクシャと戦後補償 グローバルヒバクシャ研究会/編 高橋博子/責任編集 竹峰誠一郎/責任編集 凱風社 20061020
時代を生きて 文集・鎌田定夫 「時代を生きて」刊行会 20061125
 戦後日本と戦争死者慰霊 シズメとフルイのダイナミズム  西村明  有志舎  20061225

雑誌論文

著者 タイトル 雑誌名(発行者) 発行年月日

広島市平和式典(2006年)

平成18年8月6日広島市原爆死没者慰霊式・平和祈念式

原爆死没者慰霊碑の奉安箱の原爆死没者名簿の概要

名簿に記帳された氏名
名簿登録者総数
名簿総数

参列者の概要

被爆者や遺族など 約万人
小泉純一郎 内閣総理大臣
 国連事務次長
遺族代表 都道府県
各国大使や代表 か国と欧州連合(EU)。核兵器国のを含む。

 

広島市長平和宣言(下記参照)

http://www.city.hiroshima.lg.jp/

内閣総理大臣挨拶

内閣総理大臣

出典