「32 原水爆禁止運動」カテゴリーアーカイブ

原水爆禁止日本協議会[重要文献・資料集]1977

『[重要文献・資料集]1977 核兵器廃絶と原水爆禁止運動の国民的統一をめざして』(原水爆禁止日本協議会 19770706)

目次

見出し 備考
1 原水爆禁止世界大会
1 第19回原水爆禁止世界大会・核兵器完全禁止の国際協定締結をめざす長崎アピール(1973・8・10)
2 第20回原水爆禁止世界大会・一般決議(1974・8・7)
広島から全世界へよびかける–核兵器完全禁止国際協定実現のための行動を(1974・8)
3 第21回原水爆禁止世界大会・ヒロシマ・アピール(1975・8・7)
一般決議(1975・8・7)
日本代表団の決意と訴え(1975・8・7)
被爆者への援護・連帯の活動を強めよう(1975・8・7)
東京大会の決議(1975・8・1)
長崎大会の決議(1975・8・9)
4 第22回原水爆禁止世界大会・決議(1976・8・6)
国際連合への要請(1976・8・6)
第5回非同盟諸国首脳会議への書簡(1976・8・6)
日本代表団決議(1976・8・6)
東京大会の決議(1976・7・31)
長崎大会の決議(1976・8・9)
2 原水爆禁止運動の到達点と国民的統一の展望
1 ビキニ被災23周年73年三・一ビキニデー全国行動中央集会
日本原水協報告(1977・2・27)
決議(1977・2・28)
2 アメリカ合衆国 J・カーター大統領への公開質問状(1977・3・1)
3 福田内閣総理大臣への公開質問状(1977・3・1)
4 いまこそ原水爆禁止運動の国民的統一と統一世界大会を実現しましょう(1977・4・4)
5 日本原水協第111回常任理事会決定(1977・4・4)
6 77年三・一ビキニーデー決議実践、原水爆禁止運動の国民的大統一と原水爆禁止統一世界大会の実現をめざす運動の柱
7 日本原水協第43回全国理事会決定(1977・4・23~24)
1976年度の運動総括
1977年度運動方針
3 原水爆禁止運動の発展と国民運動
1  全人類を敵とするアメリカの核政策(76・9学習資料第4集)
2  日本原水協の運動の歴史とひろがりつつある新しい展望(76・9 学習資抖第4集)
3  原水爆禁止の国民運動を前進させるために(76・5学習資料第二集
4  市区町村原水協の組織と運動の確立・強化(76・5学習資料第2集)
5  76年度原水爆禁止国民平和大行進のとりくみに関する総括・全労働省労働組合―(76・9)
参考資料 平和行進総括票の意見一覧
6  核兵器のない世界をめざして―初期世界大会の宣言決議にみる―(原水協通信75・11~77・4連載)
4 核兵器廃絶をめざす内外の運動の発展
1  核兵器禁止をねがう科学者フォーラム特別決議(1975・7・13)
2  被爆三〇周年広島国際フォーフム特別決議(1975・8・4)
3  広島・長崎被爆30周年にあたり、日本宗教者からのアピール(1975・8・6)
4  第25回パグウォブソユーシンポジウムにさいして、湯川、朝永両氏が発表した宣言(75・9・―)
5  国際平和ビューロー(IPB)主催のブラヴドフォード(イギリス)会議
世界軍縮会議へむけてのよびかけ(ブラッドフォード提案) (1974・9・1)
6  核兵器不拡散条約再検討会議に提案された附属議定書案と決議案(1975・5)
7  第21回原水爆禁止世界大会への国連事務総長ワルトハハイム氏のメッセージ(1975・8)
8  軍縮と社会正義のための米大陸横断平和行進、8月6日のよびかけ(1976・1)
9  核軍拡競争の終結と世界軍縮のための国際フォーラム・ヨーク宣言(1976・4・1)
10  核兵器使用禁止条約(案) (1976・8)
11  核廃絶へ橋頭堡-平和に生きる権利・平野義太郎―(1976・8・1)
12  第5回非同盟諸国会議、軍縮に関する決議(1976・8)
13  第31回国連総会、全面完全軍縮に関する決議(1976・12・21)
14  平和勢力世界フォーラムについて(1977・1・14~16)
15  1CDP(軍縮と平和のための国際連合)の声明(1977・2)
16   資料・軍縮特別総会についての日本政府見解(1977・4・15)
17  アメリカでの核兵器第一撃放棄決議案など(75)
18 核兵器相互先制不使用条約案(1976・11・25)
19  関係年史 ヒロシマ・アピールと核廃絶の国際的潮流
5 核兵器完全禁止国連要請派遣運動とその成果
1  国連要請、日本原水協代表団の成果にたって原水爆禁止運動の新たな前進を(1974・12・14)
2  核兵器全面禁止国際協定締結、核兵器使用禁止の諸措置の実現を国連に要請する各界代表団派遣についての
お願(1975・10)
3  国連要請国民代表団の帰国にあたって(1975・12・14)
4  ワルトハイム国連事務総長の声明(1975・12・8)
5  核兵器完全禁止・国連要請第二次国民代表団の活動について(1976・10・27)
6   国連事務総長への書簡(1974・11・12)
7   国連事務総長への手紙(1975・12・8)
8  国連事務総長への手紙(1975・10)
6 「被爆問題国際シンポジウム」について
1  国連非政府組織(NGO)軍縮特別委員会第22回会議決議(1976・2・3)
2  国連NGO主催「被爆の実相のその後遺・被爆者の実情に関する国際シンポジウム」 (仮称)支持のよびかけ(1976・12)
3  被爆の実相とその後遺・被爆者の実情に関する国際シンポジウムについての経過説明その1 (1976・9・1)
経過説明その2(1976・9・20)
経過説明その3(1976・12・23)
経過説明その4(1977・2・21)
4  「被爆問題国際シンポジウム」について世話4団体覚書(1976・10・2)
5  「被爆問題国際シンポジウム」の準備状況について
(1977・5・10・ICDAニュース」No.1より)
7 被爆者援護法制定と非核三原則の立法化
1  被爆者援護法の大綱―日本原水協の提案(1973・4・18)
2  地方自治体が制定すべき原爆被害者等援護条例の要綱(1975)
3  日本原水協・非核三原則の立法化についての要綱
4  日本共産党・核兵器禁止法案(1973・4・23)
5  資料・原子力基本法-抜すい―(1955・12・19法律186号)
6  参考資料
 ①核積載艦船の日本領海通過に関する政府統一見解(1974・12・25)
 ②領海拡大についての政府決定(1977・1・26)
 ③国際海峡に関する政府統一見解(1977・2・23)
8 原水爆禁止運動の国民的統一のために
1  広島・長崎アピールー五氏アピールー(1977・2・21)
付・核廃絶をめざす」運動とその展望
2  日本共産党と総評との合意事項(1976・12・27及び77・02・17)
3  被爆の実相と後遣を究明し、これを世界に広め、核兵器を廃絶するために、すべての宗教者が協力することを心から訴えます。(1977・3・1)
4  地婦連・日青協の声明(1977・4・9)
5  原水爆禁止世界大会に関する協力要請-総評議長・槙枝元文氏から―(1977・4・27)
総評議長・槇枝元文氏への日本原水協の回答(1977・5・13)
6  統一世界大会開催に関する件申入れ―日本山妙法寺・国際部長佐藤行通氏から―(1977・5・9)
日本山妙法寺の申し入れにたいする日本原水協の回答(77・5・13)
7 日本原水協声明―原水爆禁止統一世界大会と運動の国民的統一の実現を願う―(1977・5・13)
8  統一世界大会開催に関する件申入れ―日本山妙法寺国際部長佐藤行通氏から―(1977・5・14)
9  日本原水協第2回在京榿当常任理事会の決定事項(1977・5・20)
10 5・19合意書―原水爆禁止国民会議代表委員・森滝市郎氏、原水爆禁止日本協議会理事長・草野信男氏―(1977・5・26)
11 日本原水協拡大常任理事会決議(1977・5・26)

原水爆禁止世界大会の記録(第18回)1972年

原水爆禁止世界大会の記録(第17回)1971年<作業中

記録1
17回1
見出し 備考
1 東京大会(7月31日)
13 国際予備会議第1日(8月1日)
37 国際予備会議第2日(8月2日)
59 国際予備会議第3日(8月3日)
記録2
17回2
1 広島大会第1日(本会議開会総会)(8月5日) 広島県立体育館
20 海外代表とヒロシマ(本会議2日目)(8月6日)
94 広島大会第3日(本会議閉会総会)(8月7日)
109 長崎大会(8月8日)
121 71年第17回原水爆禁止世界大会文書
127 国際予備会議第3日(第1分冊のつづき)(8月3日)
135 大会主要役員名簿

原水爆禁止1982年世界大会の記録

『原水爆禁止1982年世界大会の記録』(原水爆禁止1982年世界年大会準備委員会、19821020)〈作業中

内容

事項
 1  大会写真
4 世界大会を開催するにあたって
5 大会の課題
6 大会諸文書
6 東京宣言(原水爆禁止1982年世界大会・東京国際会議 1982年8月2日)
8 ヒロシマ・アピール(原水爆禁止1982年世界大会・広島 1982年8月5日)
9 長崎から心をこめて―1982年長崎アピール(原水爆禁止1982年世界大会 長崎のひろば 1982年8月8日)
11  原水爆禁止1982年世界大会国際会議
14 開会総会〈1981年8月1日 日本教育会館〉
 54 原水爆禁止1982年世界大会東京集会 閉会集会・各分科会報告
国際会議閉会総会
各分科会まとめ報告
68 原水爆禁止1982年世界大会・広島〈8月5日 中央公園〉
 85 分科会及びひろば等の報告
110 長崎のひろば〈8月8日 長崎市公会堂〉
 127  内外のメッセージ
129 海外からのメッセージ・リスト
130 海外代表リスト34カ国 13国際組織 102名〉
 133  大会準備委員会・役員名簿
134 抗議電・宣言文・要請書
 136   大会準備委員会日誌(1982年2月12日~9月20日)
  140  dc198208a-136
dc198208a-137
 dc198208a-138
 dc198208a-139
 dc198208a-140
  140   あとがき(久保文)

原水爆禁止1981年世界大会の記録

『原水爆禁止1981年世界大会の記録』(原水爆禁止1981年世界大会準備委員会、19811030)〈作業中

内容

事項
5 大会諸文書
10 原水爆禁止1981年世界大会〈1981年8月3日・4日 日本教育会館〉
68 原水爆禁止1981年世界大会東京集会〈1981年8月4日 日比谷野外音楽堂〉
75 原水爆禁止1981年世界大会本大会 <1981年8月8日~9日>
105 原水爆禁止1981年世界大会・ヒロシマ集会〈1981年8月6日〉
109 原水爆禁止1981年世界大会参加の国際・海外代表名簿〈33カ国 14国際組織 147名〉
113 海外からのメッセージ
118 原水爆禁止1981年世界大会準備委員会・役員名簿
120 日誌(1981年1月23日~10月24日)
dc198108a-120
dc198108a-121
dc198108a-122
 dc198108a-123
dc198108a-124
dc198108a-125
dc198108a-126
126 編集あとがき(1981年10月27日 久保文)

シンポジウム「核兵器と人類の生存」(1979年8月4日 広島YMCAホール)

シンポジウム「核兵器と人類の生存」〈8月4日午前10時過ぎ~ 広島YMCAホール〉

内容〈作業中

dc197908c2-026
dc197908c2-027
dc197908c2-028
dc197908c2-029
シンポジウム呼びかけ人
代表:J・サマヴィル、庄野直美、湯川和夫
秋月辰一郎・今堀誠二・伊東壮・岩崎允胤・江口朴郎・鎌田定夫・北西允・具島兼三郎・斉藤孝・芝田進午・新村猛・関寛治・服部学・フレージャー・松井正樹・壬生照順・三宅泰雄

出典『’79年広島・長崎報告-原水爆禁止1979年世界大会から』( 広島・長崎報告編集共同デスク著、原水爆禁止日本協議会刊)