「原爆報道(一般)」カテゴリーアーカイブ

47NEWS 参加社2022年8月6日社説一覧

47NEWS 参加社2022年8月6日社説一覧

北海道・東北
北海道新聞 【社説】77年前のきょう、米国が広島に原子爆弾を投下した。3日後、長崎にも落とした。広島では約14万人が、長崎では約7万4千人がその年のうちに亡くなった。体がむしばまれ、今なお障害に苦しむ人も多い。<以下略>
河北新報 【社説】核を巡り、世界は激しく揺すぶられている。77年前のきょう、広島に原爆が落とされた。3日後、長崎でもさく裂した。日常を破壊し、焼き尽くす核兵器。その脅威が再び視野に入り、国際社会の視界を曇らせる。<以下略>
デーリー東北 【時評】8月6日を迎えた。広島市内の平和記念公園で「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」が開催される。<以下略>
秋田魁新報 【社説】中国は台湾周辺で「重要軍事演習行動」を開始。弾道ミサイル11発を発射したとみられる。軍事演習は7日までの4日間。東シナ海周辺の安全保障環境の緊迫化が避けられない。関係各国は偶発的な衝突の回避に努めなくてはならない。<以下略>
福島民報 【論説】広島はきょう六日、長崎は九日に戦後七十七回目の原爆の日を迎える。
福島民友新聞 【社説】今後も豪雨災害が懸念される時期が続く。<以下略>
関東・甲信越
【社説】信濃毎日新聞
日中外相会談が、中国側の申し出で直前に中止された。ペロシ米下院議長の台湾訪問に反発した習近平指導部は、対抗措置として「重要軍事演習行動」を取ると公表した。<以下略>
【社説】新潟日報
多くの人命を一瞬で奪った原爆投下から77年がたつ。きょう6日は広島市で、9日は長崎市で平和式典が開かれる。<以下略>
東海・北陸
福井新聞 【論説】広島はきょう、77年目の「原爆の日」。長崎は9日に鎮魂の祈りに包まれる。<以下略>
近畿
京都新聞 【社説】大規模な通信障害を発生させたKDDI(au)に対し、総務省は電気通信事業法に基づき再発防止策を講じるよう行政指導した。<以下略>

 

神戸新聞 【社説】広島はきょう、原爆投下から77年を迎える。9日の長崎と合わせて、数十万人もの命が奪われた。核廃絶は人類共通の宿願である。だがウクライナ危機が長期化し、核兵器使用の懸念も高まる中、「核なき世界」は遠ざかるばかりだ。<以下略>
奈良新聞 【金曜時評】かつて輝いていた商店街が、近年は地域経済衰退の象徴のように取り上げられる場合がある。<以下略>
四国・中国
山陽新聞 【社説】ロシアによるウクライナ侵攻で、核兵器の脅威が近年になく高まる中、広島原爆の日を迎えた。<以下略>
中国新聞 【社説】「運命の午前8時15分。強烈な閃光(せんこう)と共に私の知る世界は一変しました…」 右足のけがで入院していた時に被爆した、当時10歳の宮本静さんが今年初め、長文の体験記をしたためた。<以下略>
山陰中央新報 【社説】広島はきょう「原爆の日」を迎えた。3日後には長崎にも、その日が訪れる。<以下略>
愛媛新聞 【社説】広島はきょう、長崎は9日、77回目の原爆の日を迎える。<以下略>
高知新聞 【社説】今月1日、米ニューヨークで開幕した核拡散防止条約(NPT)再検討会議の冒頭、国連のグテレス事務総長は「人類は広島と長崎の恐ろしい炎から得た教訓を忘れつつある」と危機感をあらわにした。<以下略>
九州・沖縄
西日本新聞 【社説】90秒間の映像が戸惑いと波紋を広げた。「核攻撃をされました。私たちはどうしたらいい?」この7月、米ニューヨーク市が市民向けに公開した動画だ。米最大都市への核攻撃を想定し、ガイド役の女性が行動指針を説明している。<以下略>
佐賀新聞 【論説】広島はきょう「原爆の日」を迎えた。3日後には長崎にも、その日が訪れる。77年前、2度の原爆投下で20万人以上が犠牲になり、なお多くの人が健康被害に苦しむ。<以下略>
南日本新聞 【社説】
1993年8月6日、鹿児島市とその周辺が、かつてない豪雨災害に見舞われた。「8・6水害」から、きょうで29年になる。<以下略>
琉球新報 【社説】
広島への原爆投下から77年となった。77年前のきょう広島で、9日に長崎で、人類にとって初めての核兵器による無差別大量虐殺が行われた。<以下略>
沖縄タイムス 【社説】77年前のきょう、米軍による一発の原子爆弾で広島の街が壊滅した。9日には長崎にも投下された。<以下略>

ヒロシマの「史点」―占領下の原爆文献考(目次)

ヒロシマの「史点」 占領下の原爆文献考<『中国新聞』19860630~0812、30回連載、担当:冨沢佐一郎記者)。

目次

No. 見出し(文献名) 見出し
1 石うすの歌 初の被爆テーマ小説 小学国語のテキストに
2 終戦経緯報告書 国が被害データ発公表
3 絶後の記録 被爆直後の壮絶なルポ
4 ちちははの鐘  自分の理念盛った三吉
5 回顧五年原爆広島の記録  「8・6」の思い込める
6 原子爆弾傷  「ガス」の部分伏せ字に
7 原爆体験記  根拠薄い初刊本発禁説
8 月刊中国  1年後廃虚の街を特集
9 原子爆弾と世界恐慌  知られていない小冊子
10 原爆の子  素朴な表現で反響呼ぶ
11 科学朝日  投下操縦士の証言掲載
12 原子爆弾(同盟通信版)  GHQ意識 外電で構成
13 原子爆弾の法律観  国際法の精神転換迫る
14  御楯隊しのぶ学徒の声
15 ヒロシマを忘れるな  禁止訴え署名呼びかけ
16 原子力の軍事的利用  極秘に印刷された2冊
17 反戦詩歌集  人類の愚挙へ怒りの声
18 ピカドン  絵で告発した最初の本
19 生ましめん哉  最も早い時期の有名詩
20 原子爆弾の効果 兵器としての威力誇示
21 ヒロシマ日記  米国で出版され逆輸入
22 あの当時  両親慕う孤児の思い
23 天よりの大いなる声  1年半も出版ためらう
24 原爆体験記(京都大学版)  学生が危機感抱き編集
25 ヒロシマ  悲惨さを世界に初紹介
26 夏の花  体験記の枠超えた傑作
27 屍の街  初版本は5節分を削除
28 さんげ  被爆の非情短歌で告発
29 原爆詩集  峠三吉の唯一の作品集
30 まとめ  ”神話”の洗い直し急げ
プレスコード神話、強すぎた自己規制、収集保存に努力を
「メモ(抜粋)この企画は、30年間にわたって原爆文献を収集、調査してきた「 ピカ資料研究所」( 田原幻吉(ピカ資料研究所代表))の資料を中心に構成した」>

 

新聞連載1948

新聞連載1948

・年月日は連載の開始の日付を示す。
・版は地方版を示す。

48 07 29 7 25年後の完成ヒロシマ ひろしま 夕刊
48 07 31 5 1年目と3年目-ヒロシマの姿 ひろしま 夕刊
48 08 02 3 ヒロシマさかりば歩き 中国

新聞連載1946

新聞連載1946

・年月日は連載の開始の日付を示す。
・版は地方版を示す。

46 07 13 21 ひろしま新「旧蹟」-ムカシの姿と比べてみませう ひろしま 夕刊
46 08 01 7 新生一年-原子沙漠に灯は点る 中国
46 08 02 9 ユートピア広島の建設 中国
46 08 09 4 新生第二年へ-本社編輯局同人座談会 中国

新聞連載1945

新聞連載1945

・年月日は連載の開始の日付を示す。
・版は地方版を示す。

タイトル 紙名
45 08 20 7 原子爆弾-浅田博士に聴く 朝日 大阪
45 09 11 3 原子爆弾の解剖-都築博士を囲む座談会 中国
45 09 14 5 原子爆弾報告書 朝日 大阪版
45 11 10 20 復興する町内会 中国

原爆報道2015

報じられたヒバクシャ

タイトル  掲載紙  掲載日
中国新聞
[概要]

連載

タイトル  掲載紙  掲載期間  回数 備考
 1~
 [概要] [記事見出し]

 

 

本・パンフレット

書名 著者 発行所 発行年月日 備考

論文

掲載誌
編集、発行所
号数、発行年月日
タイトル
著者
備考

原爆報道2016

報じられたヒバクシャ

タイトル  掲載紙  掲載日
中国新聞
[概要]

連載

タイトル  掲載紙  掲載期間  回数 備考
 1~
 [概要] [記事見出し]

 

 

本・パンフレット

書名 著者 発行所 発行年月日 備考

論文

掲載誌
編集、発行所
号数、発行年月日
タイトル
著者
備考