「学校」カテゴリーアーカイブ

広島市商同窓会

広島市立商業学校・広島市立造船工業学校
原爆戦没者慰霊碑

建立年月日:1963(昭和38)年8月6日

場所:広島市・平和記念公園

撮影日:2015年8月6日 08:59 撮影:宇吹暁
CIMG5582 (2)

(正面)(原文右横書き)

慰霊碑

(裏面)

建立発起人総代
広島市商同窓会々長 堀江守
同     副会長 平岡繁穂
同 同   大田広一
遺族代表      宮本卯三郎
広島市立造船工業学校原爆戦没者(略)
広島市立商業学校卒業生戦没者(略)

〔左側碑〕

碑文
青天の霹靂とはまさにこのことであった
昭和二十年八月六日午前八時十五分 われらの郷土広島は ただの一発の原子爆弾によってこの世ながらの地獄を現出し一瞬にして壊滅した
われらが母校広島市商は当時造船工業に転換を余儀なくされていたのであるが 当時学徒動員市内建物疎開作業に出動中の生徒二七〇名付添職員三名もまた 全滅の悲運に遭った
われらは年少の諸君の清純熱烈な愛国の至情に想いを至し 可憐悲痛全くいうべき言葉を知らない
われらここに殉難生徒職員各位の諸霊の冥福を祈り かくの如き悲劇の再び人間の手によってくり返さしめざることを誓うとともに 併せて今次大戦を通じて戦列に参加し 奮戦苦闘武運拙くも散華して護国の鬼と化した多数の旧市商同窓生各位の英霊をも弔うべくこの碑を建立し われらの微衷を永く後世に伝えんとするものである
昭和三十八年八月六日
広島市商同窓会 造船工業学校遺族
広島市商業高等学校長 田中浩造
撰文

〔右側碑〕(原文左横書き)

原爆戦没者慰霊
原爆死没者(五八名人名略)
戦争死没者(一〇一名人名略)

〔説明柱〕

広島市商業学校
広島市造船工業学校
原爆戦没者慰霊碑標

被爆動員学徒死没者の慈母観音像

被爆動員学徒死没者の慈母観音像
建立年月日:1966(昭和41)年7月31日
場所:広島市・平和大橋東詰

[台座正面]
観音となりて平和を守りゆく
少年学徒らのみたま尊し

康夫
[台座裏面]
世話人代表 秋田正之

[側碑]
慈母観音に抱かれ眠る 汝が姿
心にえがきて われら安らぐ

礼助

撮影年 2015年8月6日08:46 撮影者:宇吹暁
CIMG5558
 撮影年 不詳 撮影者:宇吹暁
 hic084

 

本川学区慰霊碑

本川学区慰霊碑

建立年月日:1957(昭和32)年8月6日
場所:広島市本川町・大田川岸
撮影日:2015年8月6日 撮影者:宇吹暁
CIMG5671
CIMG5672
(正面)
慰霊之碑
CIMG5675
(裏面)
為原爆死没者
昭和三十二年八月六日建之
本川学区内有志
CIMG5673
〔説明板〕
此の慰霊碑は過ぐる昭和二十年八月六日原爆投下された際本川地区一帯の死亡者数千の遺体を本川小学校内に集め、焼却された遺骨を此の位置にあった空鞘町防空壕内に埋没されたのであります。
その後遺骨は平和公園内の供養塔内に移したのですが、永く此の聖地を記念しその英霊を慰めるため、地区内有志相寄り此の慰霊碑を建立したのであります。
合掌
昭和四十年八月
本川地区町民有志
本川町三丁目町内会

 

動員学徒慰霊塔

動員学徒慰霊塔
建立年月日:1967(昭和42)年5月
場所:広島市中区大手町・原爆ドーム側

HIC090C
HIC090A
HIC090B

動員学徒慰霊塔

[裏面]
広島県動員学徒犠牲者の会
会長 石橋礒一
建設委員長 大東和徳雄
後援会長 檜山袖四郎
設計者 村田相互設計事務所
彫刻者 円鍔勝三
施工者 株式会社砂原組

昭和42年5月
[右側碑]
慰霊塔建設委員
委員長 大東和徳雄
副委員長 朝日輝一 松田亀夫
委員 石橋礒一 沖本津代 栗末義則 笹野口栄 佐々木寿雄 住田道子 平馨 辰本キミヨ 寺前妙子 土井通哉 二井サワエ 温品康子 判田勇 升田建造 丸谷儀一
[側碑]

動員学徒 歌
ほのお果てては
一、君知るや 学徒百万 祖国こそ 生くる命と うち捨てぬ ペンもノートも

二、たたかいの すさぶ折から こぞり立ち 力つくして うち振りし 鎌やハンマー

三、黒髪の 子らも男の子も 若き胸 血汐こぼれて うち絶えし 者や幾人

四、禍つ日の ほのお 果てては いけにえの 人となりもて うち目守る 明日の世界を
うち目守る 明日の世界を ああ学徒 動員学徒

(広島県動員学徒犠牲者会撰)
第二次世界大戦中増産協力等いわゆる勤労奉仕に動員された学徒は全国にわたり三百数十万人あたら青春の光輝と学究の本分を犠牲にしつつ挺身した者の内戦禍にたおれた者は一万有余人その六千余人は原爆死を遂げたこの塔は明眸青雲を望み将来空高く羽ばたこうとした夢も空しく祖国に殉じたそれら学徒の霊を慰めようと有志同胞の手によってうち建てた

皆実有朋 六十周年記年誌

『皆実有朋 六十周年記年誌』(研井知陽 編、広島県広島皆実高等学校、1961/05/03)

内容

口絵
校歌その他
まえがき 校長 木村二郎(6)
あいさつ 一期 河野ハル(8)
あいさつ 二十六期 中川千代(9)
創立六十周年を迎えて 十二期 熊田ムメ(10)
六十年小史(12)
六十年の思い出
◎創立時代
昔の思い出 故 斎藤鹿三郎(17)
父の思い出 十五期 築山悌子(20)
創立六十周年に当たりて 旧師 筑瀬由太郎(21)
思い出 旧師 目塚千代(23)
思い出 旧師 大里カメ(24)
昔ばなし 一期 河野ハル(25)
○ 一期 倉知雪江(27)
在学当時を省みて 一期 和田ハルミ(29)
思い出 三期 早速チヨノ(30)
○ 四期 加藤幸(31)
○ 五期 大野テル子(31)
○ 七期 高倉英(32)
私たちはこんな教育をうけた 七期 杉原菊代(33)
遠き昔を思い出すままに 十一期 香川静子(34)
◎大正時代(摂政宮行啓を中心として)
光栄の日 旧師 故 寺地ノブ(38)
台覧授業の思い出 廿二期 清水行枝(39)
回想断片 旧師 柳田加藤次(43)
○ 十二期 松島ツタ(45)
そのころ 十五期 宮脇カメ(45)
思い出 十六期 平田淑子(46)
○ 十七期 入沢薫子(48)
○供養 十九期 森脇幽香里(49)
○ 二十期 加来ふさえ(50)
◎昭和初期(運動部隆盛期を中心として)
卒業生と語る 旧師 故 石井昌二郎(52)
思い出 旧師 中島太郎(55)
在職中の思い出 旧師 佐藤功(56)
若い先生 旧師 松平五郎(57)
懐かしの広島県女 旧師 大草英雄(59)
若若の花 旧師 加来政男(60)
ああ県女(歌反故抄)旧師 小倉春枝(62)
2つの思い出 旧師 川北春江(63)
備後路より 旧師 大谷典子(64)
在学中の思い出 廿二期 友広十三子(66)
○ 廿三期 有田千代(66)
○ 廿三期 槇品子(67)
○ 廿三期 坂谷園子(68)
排球と共に 廿四期 久保木タカ子(69)
○ 廿四期 伊丹●子(70)
「おかたぎさん」の原型 廿四期 中山喜代(70)
○ 廿五期 大槻朝江(71)
○ 廿七期 島筒恭子(72)
○ 廿八期 奥田多喜子(74)
○ 廿八期 奥利枝(74)
◎昭和中期(戦時中)
憶い出あれこれ 旧校長 土橋幸之助 (78)
寄宿舎と図書館の憶い出 旧師 高細功(79)
○ 旧師 宇郷千津子(80)
亡父芳徳 廿九期 清水伊佐子(81)
色々な思い出 卅二期 永井美枝子(84)
逝ける愛児二人の日記 胡子唯夫(85)
○ 卅七期 ●池満智子(86)
○ 四十期 大峰桂子(87)
○ 四十一期 和田利子(88)
○ 四十二期 原和子(89)
思い出 四十二期 高田美喜子(90)
すぎし日 四十三期 水田寿子(91)
○ 四十三期 新長孝子(91)
○ 四十三期 赤松●子(92)
○ 四十三期 山本喜久子(93)
終戦前の思い出 四十四期 本田久美子(94)
○ 四十四期 水野康子(95)
○ 四十四期 影沢陽子(96)
○ 四十五期 中村由子(97)
◎再編成後(現在)
心を清められた月曜の朝、朝 旧校長 数田猛雄(99)
在職当時を回顧して 旧校長 有島政一郎(100)
追憶三十年 旧師 末弘賀治(102)
あの日のこと 旧師 坪井守磨(104)
皆実有朋会結成のことなど 旧師 松尾伝三(105)
皆実放送局懐古 皆実一期 田中記生(107)
皆実高等学校発足当時を振返って 皆実一期 大道友彦(107)
○ 皆実二期 立石矩子(108)
揺籃期の幼乱記 皆実三期 大井正治(109)
○ 皆実三期 亀井郁夫(109)
○ 皆実五期 永尾敦子(110)
○ 皆実六期 馬本力(111)
○ 皆実七期 岩瀬純子(112)
思い出と発展 皆実七期 渡部学(113)
僕の恋人バスケット 皆実八期 山内宣治(114)
四本の柱を偲びつつ 皆実八期 森茂広(115)
旧校舎の思い出 皆実八期 中本龍一(116)
○ 皆実 鈴木淑子(117)
プールに寄せて 皆実十二期 波田洋治(118)
プール 皆実十二期 吉田久枝(119)
プールによせて 皆実十二期 定岡良章(121)
あとがき(123)