「書誌1999」カテゴリーアーカイブ

広島県の歴史

『広島県の歴史』( 岸田裕之編、山川出版社、19991125)

内容

章節 見出し  メモ(執筆者など)
風土と人間 境目の協同性 岸田裕之
うち「方言風土と広島県方言」(室山敏昭)
1章 芸備の自然と地域の形成  西別府元日
1 環境変化のなかのハンターたち
海はるかの地に生きる
食の改革・器の創造
縄文の海きたる
2 稲作の開始と地域社会の形成
分立する地域文化圏
[コラム]原始社会からのタイムカプセル・帝釈峡遺跡群
広島県域のムラとクニ
矢谷四隅突出型墳丘墓の登場
3 芸備地方と大和政権
古墳の登場と大和政権の浸透
国造制と部民制と塩やく民・鉄うつ民
2章 古代国家と芸備の民衆   西別府元日
1 律令国家の誕生と芸備の人びと
安芸国・備後国の誕生
[コラム]謎の古代山城、常城・茨城
山の槫・鉄、海の塩
山陽道と内海の道
水切り瓦と国分寺
[コラム]地下に眠る文字資料・墨書土器
2 芸備地方への回帰
「国例」の時代へ
「海賊」問題と瀬戸の社会
古保利・青目寺の仏と芸備の神々
3章 土着の領主と東からきた領主  岸田裕之
1 三篠川と太田川
高田郡三田郷の伝領と源頼信
山県郡凡氏と佐東倉敷
材木資源と河川流通
2 国衙と守護・地頭…
佐伯景弘と葉山頼宗
藤原親実と佐東の武田氏
[コラム]世界遺産
尾道と「悪党」
東からきた領主
4章 境目地域の領主連合  岸田裕之
1 動乱の世相
地頭領主の成長と地域信仰
「中国」の成立
安芸国人一揆
分郡主武田氏
2 国人と大名
国人領主の惣領権
守護山名氏の備後国支配
大内氏と東西条
[コラム]備後砂
[コラム]書違
3 境目の盟主
高橋氏の領域と性格
国人領主連合の発展
堀立直正と能島村上氏
[コラム]能島村上氏の過所旗
5章 戦国時代の安芸・備後  秋山伸隆
1 毛利元就の登場
天文十九年の毛利元就
戦国大名としての自立
[コラム]毛利元就の調略
織田政権との対決
戦国の合戦
2 毛利氏領国の構造
家中と国家
戦国大名毛利氏の軍事力
[コラム]中世遺跡へのアプローチ
散使と目代
3 豊臣政権下の毛利氏領国
「天下」と「国家」
広島築城
惣国検地と村請
[コラム]「八箇国御時代分限帳」を読む
…155
4 中世の生活と文化
信仰と交流
『身自鏡』の世界
[コラム]戦国武士と『源氏物語』
 6章  幕藩制下の芸備地方  中山富広
 1  大名権力と芸備の民衆
 福島氏の入国と改易
広島藩と福山藩の成立
「泰平」の実現と開発の時代
 2  百姓の世界と村
 領主の理念と近世村落
村人の世界
[コラム]山内の生活
村の生活と年中行事
 3  城下町の成立と芸備の都市
 城下の町割を読む
町と町人の形成
/門前・港町の繁栄
 7章  幕藩体制の成熟と民衆  中山富広
 1  進む経済社会化
 芸備特産地帯の形成
行き交う人びとと船舶
経済の発展と「民力」
 2  豪農商=「資本」家の登場
土地と金融
豪農商立ちの社会事業
[コラム]たくましい女性の姿
城下町の光と影
 3  近代への試練
開国とその影響
長州戦争と広島・福山藩
「御一新」と芸備地方
  8章  教育・文化の展開と宗教  頼祺一
 1  武士教育と民衆教育
 広島藩・福山藩の学者の登用
竹原町人の学問の受容
修道館と誠之館
菅茶山と廉塾
  2  朝鮮通信使との文化交流
朝鮮通信使の来日
広島藩における通信使との文化交流
[コラム]安芸門徒と講中
備後国における通信使との文化交流
 9章   近代の広島  児玉正昭
1 広島県の成立
 明治四年の大一揆
広島県の成立
地租改正と太政菅官布告
啓蒙思想家窪田次郎
[コラム]青年団育成の母山本滝之助
 2  軍事県広島の成立と発展
第五師団と呉鎮守府
山陽鉄道と広島大本営
日露戦争と広島
3 移民県広島
出稼ぎの風土
海外への移民
産業の発達
4 大正デモクラシーと広島
共同苗代反対運動から憲政擁護運動
[コラム]銘醸地広島の基礎をきずいた三浦仙三郎
米騒動と民衆運動の高揚
教育の普及
軍事県と移民県
 10章  戦争と平和の時代  宇吹暁
 1  十五年戦争と広島県
 郷土部隊の行動
大久野島毒ガス工場
県内への空襲
原爆被爆
[コラム]スミソニアン原爆論争
 2  廃墟からの出発
 復員・引揚げ・帰国
占領下の戦争被害者
原爆被害者と大久野島毒ガス障害者
3 核兵器廃絶をめざして
占領期の平和運動
原水爆禁止運動
国際平和都市をめざして
[コラム]戦争遺跡
付録
索引/年表/沿革表/祭礼・行事/参考文献

叢書名 県史 , 34