「書誌2017」カテゴリーアーカイブ

知らなかった、ぼくらの戦争

『知らなかった、ぼくらの戦争』(アーサー・ビナード編著、小学館、2017/04/02)

内容

戦後ってなに?―前書きにかえて 1
1 「パールハーバー」と「真珠湾」と「真実」 8
マリは 蹴りたし マリはなし 栗原澪子 10
「空母は何隻いたのか?」 原田要 18
あの日からぴたりと白人客は来なくなった リッチ日高 29
ミシガンのセロリ畑で聞いた「無条件降伏」 兵坂米子 41
生まれた集落の名前は「鯨場」 鳴海冨美子 51
2 黙って待っていたのでは、だれも教えてくれない 60
まだあげ初めし前髪の乙女たちは毒ガス島で働いていた 岡田黎子 62
「君は狭間という日本語を知っているか」 飯田進 69
それでもくたばるのはイヤだから 西村幸吉 78
十五歳で日本海軍特別年少兵 西崎信夫 99
3 初めて目にする「日本」 112
「外地」は一瞬にして「外国」となった ちばてつや 114
「日本という国が本当にあった!」 宮良作 126
「疎開」の名の下に「うっちゃられた」 平良啓子 136
農民の着物に着替えて出ていった参謀たち 大田昌秀 146
戦争に勝ったら修学旅行でニューヨークへ? 郡山直 156
4 「終戦」は本当にあった? 168
八月十五日は引っ越しの日? 三遊亭金馬 170
ストロボをいっぺんに何万個も 大岩孝平 178
昼飯のだご汁をつくり始めたら 松原淳 190
津々浦々に投下されていた「原爆」 金子力 199
戦争の「現場」はどこか 古内竹二郎 210
5 一億総英会話時代 220
GHQは東京日比谷で朝鮮戦争の業務を遂行 篠原栄子 222
公園はすべてを見てきた 小坂哲瑯 230
流れに「のっていく」ぼくらの今と昔 高畑勲 239
戦後づくり―後書きにかえて 253

アジアから考える

『アジアから考える―日本人が「アジアの世紀」を生きるために』(水羽信男編、有志社、20170330)

部章
はじめに(水羽信男)
総論 開かれたアジア論の深化のために―本書のねらいと構成(水羽信男)
1部 アジア認識の再構築のために―「外」からみる日本・アジア
1章 アフリカでビジネスと紛争にかかわる日本人たち-日本の現代小説にみるアフリカのイメ-ジ(大池貞知子)
2章 ラテンアメリカの植民地支配と独立の経験―植民地近代を考える(青木利夫)
3章 雑誌『島嶼邊縁』と一九九〇年代前半期台湾の文化論(三木直大)
4章 日本における「台湾」/台湾における「日本」(川口隆行)
5章 ライシャワ―のアジア認識と日本(布川弘)
6章 「放射能とともに生きる」―残留放射能問題と戦後の日米貝類貿易(西佳代)
2部 日本とアジアとの交流―「アジア」の実相・比較()
7章 中国の憲法制定事業と日本(金子肇)
8章 大正期東京の中国人留学生(水羽信男)
9章 竈神と毛沢東像―戦争・大衆動員・民間信仰(丸田孝志)
10章 和解への道―日中戦争の再検討(黄自進)
11章 アジアの中を移動する女性たち―結婚で日本に移住したフィリピンの女性たち(長坂格)
12章 近現代ベトナムへの日本人の関与(八尾隆生)
あとがき(水羽信男)

書誌2017一覧

書誌2017一覧

月日 書名 著者 出版社 メモ
03 広島戦災児育成所と山下義信―山下家文書を読む 新田光子編著 法蔵館
0815 戦時秩序に巣食う「声」 日中戦争・国共内戦・朝鮮戦争と中国社会 笹川裕史編著 創土社 受贈。丸田孝志
1020 核開発時代の遺産 未来責任を問う 若尾祐司 編/木戸衛一 編 昭和堂 受贈。
1031 楠忠之オーラル・ヒストリー 広島大学文書館オーラル・ヒストリー事業研究成果報告書 楠忠之著、石田雅春、布川弘編 U
1104 昭和天皇物語1 能條純一<原作:半藤一利> 小学館 受贈。
1210 心さわぐ憲法9条 護憲派が問われている 大塚茂樹 花伝社(共栄書房) 受贈