「03月忌」カテゴリーアーカイブ

原民喜年譜

 

原民喜略年譜

年齢 事項
1905 広島市幟町一六二番地に生まれる。
1923(大正12) 18 広島高師付属中学4年を終了。
1924(大正13) 19 慶応義塾大学文学部予科入学。
1929(昭和 4) 24 慶応義塾大学文学部英文科に進む。1932年卒業。
1933(昭和 8) 28 永井貞恵と結婚。
1942(昭和17) 37 千葉県立船橋中学校に英語教師として週3回通勤。
1944年退職。
1945 40 1月末千葉の家をたたみ、郷里広島市幟町、兄信嗣の許に疎開。
8月6日同町にて被爆、東練兵場に2日をすごした後、
次兄守夫と共に広島市郊外八幡村に移る。
以後原爆症とはいえぬが、健康はすぐれないときが多くなった。
被爆の悲惨な体験は2年後「夏の花」として結晶。
1946 41  上京。慶応義塾大学夜間中学に教鞭をとる。
10月より「三田文学」の編集にたずさわる。
1947 42  「夏の花」の世評高し。12月夜間中学を退職。
作品:「夏の花」、「廃墟から」、「氷花」
1948 43 「近代文学」の同人となる。
12月「夏の花」に第1回水上滝太郎賞を受く。
1949 44  作品:『夏の花』、『鎮魂歌』、『長崎の鐘』。
1950 45  4月、日本ペンクラブ広島の会主催の平和講演会参加のため帰郷。
作品:『美しき死の岸に』、『原爆小景』。
1951 46 3月13日、吉祥寺西荻窪間の鉄路に身を横たえ自らの生命をたつ。
作品『碑銘』。
出典:『原民喜詩碑再建記念』(原民喜詩碑移転修復実行委員会、1968年3月1日)

 

 

 

原民喜詩碑

原民喜詩碑 除幕:1967年7月29日 場所:広島市大手町1丁目碑設計 谷口吉郎

1951年7月13日、広島城跡に建設されたが、毀損のため、現在地に再建。

HIC019A
碑銘正面
原民喜
遠き日の石に刻み
砂に影おち
崩れ墜つ 天地のまなか
一輪の花の幻
裏面
原民喜詩碑の記
原民喜は人がら清純沈鬱に流俗と遇ひ難い詩人であった。一九五一年三月一二日夜、東京都西郊の鉄路に枕して濁世を去った。蓋しその生の孤独と敗戦の國の塵勞とは彼の如き霊の能く忍ぶところでは無かった。遺書十七通、先づ年来の友情を喜びさてさりげ無く永別を告げんと記し、うち二通の文尾に書き添へた短詩「碑銘」は思を最後の一瞬に馳せて亡妻への故郷壊滅の日を記した力作「夏の花」に寄する矜持と又啼泣とを「一輪の花の幻」の一句に秘めて四十六年の短生涯を自ら慰め弔ふもの、辞は簡に沈痛の情は深い。遺友等ために相謀り地を故郷に相し銘記せしめて之を永く天地の間に留めた。
一九五一年七月十三日夜
遺友中の老人 佐藤春夫記す

 

 

反核・平和図書館関係者の会

正式名称:核兵器をなくし、平和を求める図書館関係者の会  略称:反核・平和図書館関係者の会

結成大会:1985年9月28日
会場:YMCA(東京都千代田区神田)
会誌:『図書館反核平和通信』

資料

『図書館反核平和通信』準備号No.1(19841130)
本間美智子 イギリス研究の旅
山崎元 ある図書館員の死
『図書館反核平和通信』準備号No.2(19850914)
兵器をなくし、平和を求める図書館関係者の会 結成にいたる経緯
兵器をなくし、平和を求める図書館関係者の会 会則案
内田恵美子 (活動紹介)広島大学原爆放射能医学研究所付属原爆被災学術資料センター
岩倉務 (活動紹介)平和博物館」
寄贈資料紹介 広島大学・原爆被災学術資料センター資料調査室『資料調査通信』No.30~43
核兵器をなくし、平和を求める図書館関係者の会 結成のつどいの模様と今後のお願い(世話人事務局、19851012)
『民主文学』1985年12月号 No.241 pp.157-158
清水正三 反核・平和図書関係者の会
話題・この人(『赤旗』19940821)
我妻滋夫さん 反核平和と図書館活動を結びつける事務局

四国五郎

四国(四國)五郎

しこく・ごろう 19240511生20140330没 享年89 画家。『広島県現代文学事典』(西原大輔・記)。自著『平和記念式典の歩み』の執筆過程で広島市広報課在任中の四国氏に面識を得た。

資料

刊本
年月日 書名 備考(編著者・発行所など)
1970/07/20 四国五郎詩画集-母子像 四国五郎著 広島詩人会議編 広島詩人会議
1975/04/30 広島百橋 四国五郎 絵と文 春陽社出版
1979/11/01 絵本おこりじぞう 山口勇子 原作、沼田曜一 語り、四国五郎 絵 金の星社
1982/06/25 おこりじぞう 山口勇子作、四国五郎絵 新日本出版社
1983/07/20 絵本ヒロシマのおとうさん ヒロシマの心を子どもたちに 高橋昭博文、四国五郎絵 汐文社
資料
2020 四国直登の避難ルート(A3、1枚) <2020年国立広島原爆死没者追悼平和祈念館企画展「ヒロシマを描き続けた四国五郎と死の床でつづった直登の日記」で入手>
2020 四国五郎の年譜(A4、1枚) <2020年国立広島原爆死没者追悼平和祈念館企画展「ヒロシマを描き続けた四国五郎と死の床でつづった直登の日記」で入手>
 20200806   NHK BS1スペシャル「ヒロシマの画家 四國五郎が伝える戦争の記憶」午前0:46~午前2:26(100分)

ひろしま(瀬戸内海文庫刊)

『ひろしま THE HIROSHIMA 6月号』第1巻第1号(編集人:峠三吉、発行所:瀬戸内海文庫)

目次

中川善之助
阿部静枝
小川二郎
大山郁夫は語る―理想と愛
永守亀之助
米重忠一
宇根元警 表紙絵にそえて-旧産業奨励館
永瀬清子
枡井迪夫 ジョン・ハースィの「広島」
谷本清 原爆と米人の愛
アルバム・アトムヒロシマ
矢口たかし マンガ迷曲集
K 平和塔
阿川弘之
ギー・ド・モーパッサン
川上一衛
T 編輯後記
H 編輯後記
詩と歌の欄創設<詩:広島詩人協会選、短歌:岡本明選>

久保仲子

久保仲子

19920310没 くぼ・なかこ 享年64 愛媛県原爆被害者の会会長。藤居平一聞き書き

 

愛媛県
愛媛県原爆被害者の会「原爆死没者慰霊碑」
(松山市石手川公園)
「この碑は廣島・長崎で被爆し愛媛県各地に眠る被爆者の冥福を祈り後の世に再び核兵器の惨禍を起こさせない事を誓って之を建てる
 昭和四十九年四月十四日
    愛媛県原爆被害者の会 会長 久保仲子 
              副会長 阿部幸雄 仝西岡周子」
 2016年5月撮影

 

 

原民喜

原民喜

はら・たみき 19051115生19510313没 享年45
   詩人・小説家。『広島県現代文学事典』(岩崎文人・記)1919年広島高師附中入学。慶応義塾大学に進む。千葉から郷里の広島に疎開中被爆。東京・西荻窪で鉄道自殺。広島市本通り商店街の商店で原時彦氏(民喜の甥)に被爆時民喜が所持していた手帳を閲覧させていただく

資料年表

年月日 事項
19940701 原民喜文学資料展(会場:広島市中央図書館)(出典:「中国新聞」19940702)
19940904 文学散歩<32>原民喜 夏の花 妻とヒロシマへの挽歌 被爆記録もとに平静に(出典:「赤旗(日曜版)」19940904)
20010306 文化 原民喜回顧展に寄せて 「夏の花」が私たちに語るもの 「パット剥ギトッテシマッタアトノセカイ」(掲載紙:「中国新聞」20010306)
20010310 原民喜回顧展(主催:広島花幻忌の会(会長:大牟田稔)、会場:旧日本銀行広島支店)。~3月23日。(出典:「中国新聞」20010310、同20010311)
20010310 シンポジウム「広島文学を読み継ぐために」(主催:広島花幻忌の会(会長:大牟田稔)、会場:原爆資料館東館、出典:「中国新聞」20010314)
20010310 文化 原民喜没後50年 繊細で強い光今も放つ シンポや回顧展(掲載紙:「中国新聞」20010314)
20011110 原民喜生誕96年記念祭(主催:広島花幻忌の会(会長:大牟田稔)、事務局長:海老根勲。会場:原民喜詩碑前。出典:「朝日新聞」200101111)。
20020310 花幻忌(出典:「中国新聞」20020311)。
20031121 文学の力 第2部燃えつくす魂①亡妻と原爆胸に 原民喜至純の世界求め続け(掲載紙:「朝日新聞」20170314、音谷健郎・記)。
20040314 原民喜の追悼に100人 没後53年 中高生が詩を朗読(掲載紙::「朝日新聞」20170314)。
20040728 原民喜<1>夏の花 廃墟から 「惜しかったね、戦争は終わったのに…」と声をかけた。(掲載紙:「中国新聞」20040728)
20150218 原民喜の手帳平和資料館に おいが3冊寄託 世界記憶遺産目指す(出典:「朝日新聞」20170219)。
20150218 直後の広島を記録 原民喜の手帳原爆資料館へ(出典:「赤旗」20170219)。
20150218 伝えるヒロシマ 「夏の花」の原点手帳を寄託 原民喜の遺族が原爆資料館に(出典:「中国新聞」20170219)。
(出典:「朝日新聞」20150315)。
(出典:「中国新聞」20161120)。
(出典:「中国新聞」20170309)。
20170312 原民喜碑前祭(出典:「中国新聞」20170313)。
20171112 原民喜生誕祭(出典:「中国新聞」20181130)。
20181129 展覧会「原民喜―かすかにうずく星」(出典:「朝日新聞」20181130)。

 

 

 

風のように炎のように-峠三吉追悼集

 風のように炎のように-峠三吉追悼集
峠三吉追悼集出版委員会・われらの詩の会(編・刊)、1954年2月15日

出版委員会:平和問題連絡協議会、平和問題懇談会、原爆の子友の会、原爆被害者の会、ムシカ、新日本文学会、人民文学広島友の会、広島葦会、われらの詩の会。

目次

著者 タイトル
口絵 [写真]
メーデーにて、トランク座、われらの詩の会、新日本歌人・反戦詩歌人集団《撮影年月日》19500501
「原爆詩集」出版記念会《撮影年月日》19500922
原爆展示会後の丸木位里・赤松俊子・壷井繁治三氏を囲んでの座談会《撮影年月日》195010
市民平和大会にて《撮影年月日》19520806
「原子雲の下より」出版記念会《撮影年月日》19521005
国立広島西条療養所病棟にて《撮影年月日》19530309
目次
丸木位里 題字
赤松俊子 表紙
浜本武一 カット
四国五郎
004 増岡敏和 峠三吉氏の生涯 ―その活動と自己改造について(われらの詩の会)
011 米田栄作 峠三吉君を悼む(広島詩人協会)
012  壺井繁治 峠三吉の業績について ―思い出を語りながら(詩人・新日本文学会)
017 岡村民 「原爆詩集」批判会の思い出(新日本文学会)
018 峠和子 生きている夫に
022 原田治 お父さん(峠氏令息)
024 峠三吉詩抄Ⅰ
024 らっきょうによせて
025 花蔭/絵の具
026 由美子と火事
028 寂しき歌/クリスマスの帰り途
029 こんなとき父親となる /絵本
030 怒りのうた ―広島日鋼争議暴圧事件
032 若杉慧 峠君の思い出(日本文芸家協会)
033 峠一夫 峠三吉の想い出(実兄)
035 坂本ひさし  (広島在住詩人、「エコールド・ヒロシマ」主幹)
035 長村孝雄  追悼(広大文学サークル)
036 御庄博実  (われらの詩の会・「火片」同人)
037 戸田兵次  原爆詩人 故峠三吉氏によせて(葦会)
038 四国五郎  峠さんの弾道(画家・われらの詩の会)
039 田村正也  八月六日(新日本文学会埼玉支部)
040 星川晃  峠三吉氏の思い出(われらの詩の会)
041 古井誠三  燃えつくした炎のやうに(われらの詩の会)
042 好村富士彦  (高原詩の会、われらの詩の会)
043 江口渙  (作家・新日本文学会)
044 えぐさ・みのる  私の接した峠さん(高原詩の会・われらの詩の会)
045 尾上俊男  病床から(新日本文学会広島支部)
046 泉秀子  大野浦と峠さん(われらの詩の会)
046 浜本武一  〇(広島市在住・画家)
049 岡本潤  峠三吉を憶う(詩人・新日本文学会)
050 北浜みち  峠さん(われらの詩の会)
051 永田節  『われら』の中の峠さん(われらの詩の会・広大文学)
052 望月久  国際婦人デーからメーデーまで(われらの詩の会)
053 山岡和範  峠さんの手紙(われらの詩の会)
054 吉田万太郎  不滅の光り(われらの詩の会)
056 峠三吉
057 松下海蔵  峠さんのこと(新日本文学会岡山支部)
058 杉生直子  手紙をめぐって(われらの詩の会)
060 尾末滿   峠三吉(IOM・われらの詩の会)
061 佐久間澄)  第一回八・六平和大会のころ(広大教授・平和問題懇談会・大学人の会
062 峠三吉 八月六日
063 松野萬  〇(スフィンクス同人)
064 川手健   峠さんを憶う(原爆被害者の会、新日本文学会広島支部)
065 えぐさ・うめよ  時の氏神になってくださった峠さん(高原詩の会・われらの詩の会)
066 広島支部葦会   〇
067 峠三吉  隠れん坊/わが想ひ
068 西原忠  峠氏を悼む(児童詩研究家・われらの詩の会)
069 峠三吉俳句抄
070 赤池芳彦  その日 峠さんは ハヤクハヤクと書いた
072 峠三吉 覚え書き(抜萃)
076 峠三吉短詩抄
雨の日に―日鋼事件の法廷にて
077 修学旅行―第二の父の歌える
078 大山郁夫氏に捧げる詩
080 宇品港にて―11才の姪のために
081 傷痕―”原子雲の下より”記念会 1953年絶筆
082 佐々木健朗 抒情の変革―叙事詩「ひろしま」への努力の途中で(われらの詩の会・広大文学サークル・KAZIKA同人)
089  赤木健介 「原爆詩集」の評価(詩人・人民文学社)
090 野間宏 峠三吉について―原爆詩集にふれて(作家・人民文学社)
091 峠三吉
092  はぎはら・とくじ 新しい人間讃歌―「原爆詩集」のノート(新日本文学会)
094 中野光也 「原爆詩集」と「高原詩の会」(高原詩の会)
096 山代巴 原爆の詩編纂委員会のこと(作家・新日本文学会)
098 深川宗俊 芸術は人間のためにある(新日本歌人協会)(人民文学会)
099  且原純夫 峠三吉の一側面(われらの詩の会)
099  田中松覚  追悼(己斐サークル)
100 土井貞子  アジア連邦会議のころ(広島生活新聞社)
101 峠三吉 和子と治への手紙
104 峠三吉 和子の見舞に応えて
106 山村良介  明日は八月六日だ―前夜祭に(われらの詩の会)
107 永田英夫  やすらかにお眠りください(うんなん詩の会、人民文学社)
108  なかの・しげはる 柔かな印象(作家・新日本文学会)
109  中野鈴子 峠三吉さん(詩人・新日本文学会)
109  峠三吉  おもかげ
110  遠地輝武 峠三吉君を悼む
111 木村好子  峠さん !
112  佐藤静夫 「 静かな」態度 (新日本文学会)
 113  吉塚勤治  善意の人峠三吉(作家・新日本文学会)
 114  金達寿  二度合ったきりの峠三吉(作家・新日本文学会)
 115 井手則夫  あいつ 生きてる やってるな(詩人・新日本文学会)
 117 松永浩介  峠三吉の死を悼む(詩人・新日本文学会)
 118 中村温  峠さんに(詩人・TAP同人)
 118 大田洋子  峠三吉のこと(作家 日本文芸家協会)
 121 峠三吉  短歌抄
122 友田智友  死の電報を前に
124  坪田正夫  手術室よりの報告―峠三吉の手紙に立会して
126  峠三吉年表
128 あとがき

 

内田恵美子(追悼文)

内田恵美子

うちだえみこ 1942年 19910305没 広島大学原医研事務官。

 

 亡き内田恵美子さんへ-宇吹暁追悼文

あなたが亡くなって、最初にやったことは、私が資料センターへ来てからの15年間を振り返ることでした。手帳や作業日誌をめくると、復元調査のまとめ作業、手帳・レセプトの整理、故湯崎先生が関与された広島市と広島大学の原爆白書作成やNGOシンポのための資料づくり、文献収集と新聞切抜きをすすめるための市内公共機関の調査、AFIP資料の整理、蔵書目録の出版、医学文献の整理・・・忙しかったけれども、私には30代の楽しい思い出です。センターの仕事以外に、「ひろしま」をよむ会・原爆体験記読書会・「藤居平一氏を囲む会」などでも一緒でした。

その次にやったことは、あなたが抱え込んでいた資料を整理することでした。何一つ捨てていませんでしたね。未整理の資料が随分ありました。次から次に仕事に追われている様子が思い出され、目頭が熱くなることがしばしばでした。3月末締切の年報の原稿のデータを整理し終るのは6月に入ってから。8・6に向けて来客の急増、応対に追われる毎日。7・8月を中心に出版された本の整理が、秋から冬にかけての仕事。毎年、この繰り返しでした。本の山の中で鼻の頭に汗を浮かべていたあなたを思い出します。

あなたの資料の整理に2か月かかりました。あなたの原医研での足跡をまとめて置きたいという気持ちもありましたが、他に仕事をする気が起こらなかったというのが本当のところです。

被爆50周年まで原爆手記を集め続けること、原爆文献のデ-タベースを作成すること、それをもとに原爆被害の実態を集大成することなど、一緒に多くの夢を語りましたね。6月2日の原爆後障害研究会で、あなたとの約束を一つ果たしました。まもなく8月、しばらくあなたのことは忘れます。

追伸:つい先日、ある会合で演劇家故T氏の奥さんと会いました。T氏の追悼公演に際しカンパをしていたそうですね。蔭でいろいろ気を配っていたあなたの話は、これから、まだまだ聞かされそうです。  1991.6.19

 

内田さんと古本-石踊一則追悼文
内田さんが一番嬉しそうな顔をするときは探し求めている本との”めぐり合わせ”のときでした。本も、本当に求めつづけていれば、いつかは必ず本の方から、近づいて来てくれます。

原爆被災学術資料センタ-には、約6500冊余りの原爆関係の蔵書があるといわれています。特に、原爆被災学術資料センタ-が力を入れて集めようとされていた本は、原爆の体験記でした。私家版などは新聞をみては著者と連絡を取り一冊一冊を、こまめに集められていました。体験記で、現在入手できないものもかなりあります。それを宇吹先生や内田さんは”古本”で集めてみようと考えられて、私に収書の依頼をされたのです。

私も最初は、原爆の体験記がどの位あるのか見当もつきませんでした。本のタイトルでも原爆という題がついていましたら、探しやすいのでしょうが、体験記が本の中の一ページしかないものも数多くあります。私は一冊一冊の本を手に取り、目次や索引で内容を調べてみまして、体験記の話が記載していますと、片っ端から入手して歩きました。

調べて気がつきましたのは、広島市内の戦前からある”学校誌”の中には「座談会」「思い出」のページがあり、その中にはかならず悲惨な思い出が数多く記載されていることです。

内田さんは、原爆被災学術資料センタ-を日本で一番の原爆体験記のセンタ-にしようと思われていました。”原水爆関係資料目録第三号”発行前には、一冊でも多くの体験記を発掘してくるようにといわれ、私も東京・四国・九州の古本屋さんをまわってみました。

行きますと、かならず一冊二冊の古い体験記を入手して、内田さんに大変喜ばれました。私は古本を集める事が仕事ですが、良い勉強をさせてもらいました。内田さん有難う!御冥福を心よりお祈りします。
あき書房代表 石踊一則

 

後藤陽一

後藤陽一

ごとう・よういち 20020317没 享年88 広大名誉教授 88

資料

 道重哲男「追悼「後藤陽一先生を悼む」 」 『芸備地方史研究』237号(2003.6)
「おのが自し郷土に生活の運命を託した幾世代もの人たちの人間的営み、喜びも悲しみも、悲願も嘆息も、あらゆる人間的な感慨をこめて生き抜こうとした人たちの現実の行為は今は確かにない。しかし一切のものは、その土壌に深く浸み透って清冽な地下水となり、不断の流れをたたえて今日を養ってくれる。郷土の歴史とはそのようなものではあるまいか」  (追悼文に紹介された後藤の言葉)