「41  特論」カテゴリーアーカイブ

沖縄全戦没者追悼式

沖縄全戦没者追悼式<作業中
沖縄県主催
6月23日(沖縄県制定の記念日)
会場:糸満市・平和祈念公園(沖縄県糸満市摩文仁)

総理大臣 メモ
1958年1月25日全琉球戦没者追悼式 識名霊園(琉球政府関係写真資料)
1964
1963
1964
1965 沖縄戦戦没者追悼式典 糸満 摩文仁(琉球政府関係写真資料)
1966 沖縄全戦没者追悼式 第5回 会場遠景 糸満 摩文仁  戦後と援護 – 沖縄県公文書館 (pref.okinawa.jp)
 1968  慰霊祭に関する資料 1970年 -沖縄県公文書館 (pref.okinawa.jp)
1990 海部 俊樹
1991
1992
1993
1994
1995 村山 富市
1996
1997
1998
1999
2000 森 喜朗
2001 小泉 純一郎
2002 小泉 純一郎
2003
2004 小泉 純一郎
2005 小泉 純一郎
2006  小泉 純一郎
2007 安部 晋三
2008 福田 康夫
2009 麻生 太郎
2010 菅 直人
2011 菅 直人
2012  野田 佳彦
2013  安部 晋三
2014  安部 晋三
2015
2016
2017
2018
2019 安部 晋三
2020 安部晋三(欠席) コロナ禍
2021 菅義偉(欠席) ビデオメッセージ<コロナ禍>
20210623
令和3年沖縄全戦没者追悼式 : 沖縄政策 – 内閣府 (cao.go.jp)
2022 岸田 文雄 主催:沖縄県・沖縄県議会
共催:一般財団法人沖縄県遺族連合会
公益財団法人沖縄県平和祈念財団
公益財団法人沖縄協会

「首相あいさつ」(2019年)

令和元年沖縄全戦没者追悼式が執り行われるに当たり、沖縄戦において、戦場に斃(たお)れた御霊(みたま)、戦禍に遭われ亡くなられた御霊に向かい、謹んで哀悼の誠を捧(ささ)げます。
先の大戦において、ここ沖縄は、苛烈を極めた地上戦の場となりました。20万人もの尊い命が失われ、この地の誇る美しい自然、豊かな文化は、容赦なく破壊されました。全ての戦没者の無念、御遺族の方々の言葉に表し得ない悲しみ、沖縄が負った癒えることのない深い傷を思うとき、胸塞がる気持ちを禁じ得ません。
沖縄戦から74年。犠牲となった方々が送るはずであったそれぞれの未来に思いを致し、こうした尊い犠牲の上に、今日、私たちが享受する平和と繁栄がある。そのことを改めて深く噛(か)み締めながら、静かに頭(こうべ)を垂れたいと思います。
我が国は、戦後一貫して、平和を重んじる国家として、ひたすらに歩んでまいりました。戦争の惨禍を二度と繰り返さない。この誓いは令和の時代においても決して変わることはありません。平和で、希望に満ち溢(あふ)れる新たな時代を創り上げていく。そのことに不断の努力を重ねていくことを、改めて、御霊にお誓いいたします。
沖縄の方々には、永きにわたり、米軍基地の集中による大きな負担を担っていただいております。この現状は、何としても変えていかなければなりません。政府として、基地負担の軽減に向けて、一つ一つ、確実に、結果を出していく決意であります。
昨年引き渡しがなされた西普天間住宅地区跡地は、嘉手納(かでな)以南の土地の返還計画に基づき実現した初の大規模跡地であり、基地の跡地が生まれ変わる成功例として、県民の皆様に実感していただけるよう、跡地利用の取組を加速します。
引き続き、「できることはすべて行う」、「目に見える形で実現する」との方針の下、沖縄の基地負担軽減に全力を尽くしてまいります。
美しい自然に恵まれ、アジアの玄関口に位置する沖縄は、今日、その優位性と潜在力を存分にいかし、大きな発展を遂げています。出生率は日本一、沖縄に魅せられて訪れた観光客は昨年度約1000万人と、6年連続で過去最高を更新しました。沖縄が日本を牽引(けんいん)し、21世紀の「万国津梁(しんりょう)」として世界の架け橋となる。今、それが現実のものとなりつつあります。この流れを更に加速させるため、私が先頭に立って、沖縄の振興をしっかりと前に進めてまいります。
結びに、この地に眠る御霊の安らかならんこと、御遺族の方々の御平安を、心からお祈りし、私の挨拶といたします。

令和元年六月二十三日
内閣総理大臣 安倍晋三

 

憲法9条を守る音楽と講演のつどい(主催:呉9条の会連絡センター)

憲法9条を守る第*回音楽と講演のつどい(主催:呉9条の会連絡センター)。ところ:ビューポートくれ。<作業中

年月日 【音楽】・【講演】 備考
1
2
3
4
5
6
7 20121117 【音楽】沖縄に向き合い、平和を想う
【講演】戦争被害と憲法(宇吹暁)
8
9
10
11
12
13
14 20191019 【音楽】和太鼓の演奏
【講演】9条の挑戦―日本と東アジアの安全保障のリアリズム(布施祐仁)
15
16 20211107 【音楽】四国五郎を歌う(弟への鎮魂歌、灯ろう流し他)
【講演】ミャンマー(ビルマ)市民の民主化を求める運動から、憲法9条を持つ内実を問い返す(小武正教)
17

法隆寺地域の仏教建造物

法隆寺地域の仏教建造物 登 録 年 1993年<作業中

2008年12月8日 撮影者:宇吹暁
horyuuji01CIMG9596
 日本最初の世界文化遺産 法隆寺 平山郁夫書
 夢殿
horyuuji02CIMG9596
 世界遺産法隆寺ー1400年の歴史遺産を未来へー(法隆寺 2022/06/15 公開) – クラウドファンディング READYFOR

 

参考

 遺産名 所在地  登録基準 資 料 No.
法隆寺地域の仏教建造物 奈良県 C(I)(ii)(iv)(vi)、 660
姫路城 兵庫県 C(I)(iv) 661
屋久島 鹿児島県 N(ii)(iii)  662
白神山地 青森県・ 秋田県 N(ii)  663
  1996年
広島平和記念碑(原爆ドーム) 広島県 C(vi)、 775
厳島神社 広島県 C(I)(ii)(iv)(vi) 776

『世界政治―論評と資料』1985年

『世界政治―論評と資料』1985年(日本共産党中央委員会)

発行月 記事名
684
685 01 日ソ両党首脳会談の画期的意義(聴涛弘)
686 02 核兵器廃絶言明を実行し大問題に解決を
687 02 核兵器全面禁止・廃絶のために ヒロシマ・ナガサキからのアピール
688 03 核兵器廃絶の巨大な国際的共同へ―「ヒロシマ・ナガサキからのアピール」支持国際署名について―(佐藤光男)
689 03 核兵器廃絶こそ死活の緊急課題
690 04 ソ連・チェルネンコ書記長の訃報に接して(宮本顕治)
691 04 現地ルポ:ベルギー反核運動を見る(加藤長)
692 05 核戦争阻止・核兵器廃絶をめざして―世界反核平和運動の現状と問題点(立木洋)
693 05
694 06
695 06
696 07 核兵器全面禁止・廃絶の国際協定の今日的意義―米ソ交渉の問題点にもふれて(「赤旗」主張)
696 07 《てい談》「赤旗」記者は語る:世界の反核運動を取材して(増田紘一・緒方靖靖夫・宮前忠夫)
697 07 SDI問題と核兵器廃絶の課題(「赤旗」主張)
698 08
699 08
700 09 原水爆禁止世界大会の大きな成果とその意義(聴涛弘)
701 09
702 10 「核戦争を阻止し、核兵器全面禁止・廃絶を実現するたたかい―国際シンポジウムについての各国党の反響」
703 10
704 11
705 11 いまこそ「核兵器廃絶」合意の具体化を―米ソ交渉の現段階について(「赤旗」論文)
706 12
707 12 米ソ首脳会談と反核・平和勢力の任務―米ソ首脳会談を論ず(「赤旗」論文)

岩国の海と山をめぐる法律問題(本田博利)

『岩国の海と山をめぐる法律問題 愛媛大学法学研究叢書3』(本田博利、愛媛大学法文学部総合政策学科、20101228)

内容<作業中>

はじめに
第1章 米軍再編と基地イワクニ
基地イワクニの形成
1 基地の概要
2 基地の沿革と現況
3 基地と市民生活
4 滑走路沖合移設事業
米軍再編と基地イワクニ
1 厚木からの空母艦載機移駐
2 住民投票と新庁舎建設問題
3 愛宕山米軍住宅問題と民間空港再開問題
4 市長選挙と新市長の移駐容認
5 4つの基地訴訟の提起
6 政権交代と愛宕山米軍住宅案の提示
第2章 [第1論文]米軍岩国基地沖合移設事業の公有水面埋立法上の門題点一県知事権限の活用提案
はじめに
1 地元「無視」の米軍再編
2 移設事業の本来目的一基地騒音の軽減
3 本稿の趣旨一埋立目的の逸脱に対する県知事権限の活用提案
問題の所在
1 移設事業に関する4枚の図面
2 3つの疑問
3 航空機騒音調査の再実施の必要性
海の埋立ての法システム
1 海の管理法制
2 公有水面埋立法の基本構造
3 1973年改正①環境配慮条項の導入
4 1973年改正②環境アセスメント実施の義務付け
5 瀬戸内海環境保全特別措置法による埋立規制
6 環境影響評価法に基づくアセスメントの実施
移設事業の公有水面埋立法上の問題点
1 願書の法的問題点①埋立ての目的・用途の変容
2 願書の法的問題点②航空機騒音予測の欠落
3 埋立承認処分の法的問題点
4 法違反への対応①アセスメント実施の義務付け
5 法違反への対応②変更申請の承認
6 法違反への対応③免許権者による独自のアセスメントの実施
7 法違反への対応-承認の取消し(撤回
V 結び一県知事権限の活用提案
補論 1 県の変更承認と国の竣功通知
補論 2 裁判の推移
第3章 [第2論文]岩国市・愛宕山新住宅市街地開発事業廃止の法的問題点一新住宅市街地開発法及び都市計画法の観点から
はじめに
補論
付録 第3論文
あとがきに代えて(追記)

国立西洋美術館本館(2016年世界遺産記載)

国立西洋美術館本館 2016(平成28)年世界遺産記載<作業中

7か国(日本、フランス、アルゼンチン、ベルギー、ドイツ、インド、スイス)にまたがる「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」の構成資産の一つ。出典:我が国の世界遺産一覧表記載物件|外務省 (mofa.go.jp)

幟:台東区・国立西洋美術館世界遺産登録上野地区推進委員会
CIMG00011s
CIMG00021s
CIMG00961
CIMG01031
CIMG01041s
 以上の撮影日:2009年3月17日、宇吹暁撮影
IMG_20220612_120954797s
世界遺産一覧表記載認定書(複製) 2022年6月12日M撮影

東京大空襲・戦災資料センター

東京大空襲・戦災資料センター <作業中>作業中

サイト:東京大空襲・戦災資料センター (tokyo-sensai.net)

資料

年月日
1970 東京空襲を記録する会結成。1『東京大空襲・戦災誌』全5巻を刊行(1973~1974年)
20020309 東京大空襲・戦災資料センター開館
200207 広報誌『東京大空襲・戦災資料センター』No.1発行
 20050715  『戦災資料センターから 東京大空襲を歩く』(東京大空襲・戦災資料センター・友の会)
 20091124  『第3回シンポジウム 「『無差別爆撃』の転回点―ドイツ・日本都市空襲の位置づけを問う」報告書』(財団法人政治経済研究所付属 東京大空襲・戦災資料センター 戦争災害研究室)
  20101227  『空襲・戦災を記録する会全国連絡会議 第40回東京大会 シンポジウム 「空襲・戦災を記録する会40年の歴史と今後の展望」報告書』(財団法人政治経済研究所付属 東京大空襲・戦災資料センター)
 20110310  『第4回シンポジウム 「帝国と空襲―イギリス・台湾空襲を検証する」報告書』(財団法人政治経済研究所付属 東京大空襲・戦災資料センター)
 20120701  『東京大空襲・戦災資料センターニュース No.21 平和研究交流誌』(東京大空襲・戦災資料センター  2012/07/01)
 20120218  『アメリカ軍無差別爆撃の写真記録-東方社と国防写真隊-』(財団法人政治経済研究所付属 東京大空襲・戦災資料センター)

 

広島民報記事目録 1969年06月~

広島民報記事目録  1969年06月~<作業中

月日 記事  備考
 195 0601  広島の生き証人は叫ぶ―シリーズ①
196 0608  広島の生き証人は叫ぶ―シリーズ②
 197 0615  広島の生き証人は叫ぶ―シリーズ③
198 0629  広島の生き証人は叫ぶ―シリーズ④
199  0706
200 0713  第15回原水禁世界大会
201 0720  大学立法粉砕へ
202 0727  第15回原水禁世界大会の成功へ
203 0803   第15回原水禁世界大会の成功を
204 0810  世界へ示した核戦争阻止の決意
205 0817  ”被爆二世”を訴える
206 0824 広大へ機動隊
207 0831 「全共闘」の再封鎖許さぬ  学生自治会再建へ
208  0907 記者座談会 広大の現状
209 0914
210 0921
0928 第3回共産党県活動者会議特集
211 0928
212 1008  被爆二世の昭夫ちゃんが死亡
213  1012
 214  1019  10・21で統一行動
 215  1026  10・21統一行動 2万5千人が結集
 216  1102
217  1109  平和教育の実践など 広教組が教研集会開く
 1109  ひろがる安保学習運動
 218  1116  佐藤訪米に抗議
 219  1123
 220  1130  「日米共同声明」に抗議の行動
 221  1207  県文団連を結成
 222  1214  真の解放運動の前進を
 223  1221
 224  0111  1970年

 

広島民報記事目録 1969年01月~

広島民報記事目録  1969年01月~<作業中

月日 記事  備考
 176 0105 新年号 四国五郎「ひろしまの朝に」
177 0119
 178  0126
179  0202
180  0209
181 0216
 182 0223
 183 0302
184 0309
185 0316
 186 0323
187 0330  座談会 近づく総選挙 大学問題が焦点
 0330  「60年」から「70年」へ 広島電信の安保闘争
 188 0406  被爆教師の会を結成
 189  0413 沖縄現地報告①山瀬明(広教組執行委員)
190 0420  広大へ機動隊が介入
191 0427  沖縄現地報告③山瀬明(広教組執行委員)(おわり)
192 0511  広島大学闘争 自主解決へ前進
193 0518  再建~この1年 尾道原水協
 194 0525
 195  0601  広島の生き証人は叫ぶ―シリーズ①