「51 自分史」カテゴリーアーカイブ

広島女学院大学・若葉寮解体式 2003年10月2日

広島女学院大学・若葉寮解体式 2003年10月2日

広島女学院大学・若葉寮

dc031002_09
設計管理:ヴォーリス建築事務所 施工:藤田組。
dc031002_04
米国合同メソジスト教会婦人部から贈られた資金により1952年5月に建築された

 

 

解体直前の若葉寮内部

 

 

 

 

同時に伐採されるメタセコイア

 

 

dc031002_04 dc031002_04 dc031002_07 dc031002_10 dc031002_11 dc031002_12 dc031002_13 dc031002_14 dc031002_15 dc031002_16 dc031002_17 dc031002_18 dc031002_19 dc031002_22 dc031002_03

昭和55年度内地研究員調書(控・抄)

昭和55年度内地研究員調書(控・抄)

氏名 宇吹暁
研究区分 文-歴史学
研究題目 被爆者の社会史的研究
研究の方法及び計画 ①戦争責任論の立場から原爆被害に関する国家責任の究明
②原爆被害と一般戦災被害の比較検討
③原水禁・被爆者運動のもつ国際的・国内的・地域的3側面の比較検討
研究期間 昭和55年9月1日~昭和56年2月28日
受け入れ機関 一橋大学社会学部社会学科藤原研究室
指導教授等の職名及び氏名 教授 藤原彰
教育研究上特に必要とする理由
文部教官(助手)
 内地留学1
 2内地留学

文部省内地研究員研究成果報告書(草稿)

昭和56年3月4日提出
研究期間 昭和55年5月1日から昭和56年2月28日まで
研究経過概要 (600字以内)
藤原教授の指導の下に下記の研究をおこなった。
①日本における原爆症研究の発足および展開過程を、故都築正男(元東京帝国大学教授、学研原爆災害調査特別委医学科会長)旧蔵資料などを資材として考察した。
②被爆体験が日本の戦争犠牲者援護政策、原子力開発政策、安全保障政策にどのような形で定着しているかを、国会議事録を素材として考察した。
③被爆体験の国民レベルでの定着形態を、新聞報道・雑誌論文などを素材として考察した。
④被爆体験の国際的な意味について、ニューヨーク・タイムズを中心とする諸外国の新聞・雑誌を素材として考察した。

 

 

東寺百合文書を読む

『東寺百合文書を読む―よみがえる日本の中世』(上島有・大山喬平・黒川直則編、思文閣出版)

目次(抄)

002 1 東寺(概説) 上島有
006 ◇文書の管理
加賀百万石前田侯紀信の桐箱 上島有
046 2 武家 黒川直則
078 3 民衆 大山喬平
082 ◇各地さまざま―荘園の顔
086 (33)安芸国三田郷雑掌地頭代和代状-契約通りの年貢上納を遅らせる地頭 石井進
102 日本海に近く―若狭国太良庄
102 (39)源国友若狭国太良庄助国名相伝次第(案)-荒唐無稽でも資料的価値(正安2(1300年)5月7日) 網野善彦
105 (40)若狭国太良庄惣百姓等申状-「百姓」が代官の罷免を求める(15世紀半ば室町時代) 高橋敏子