「NGO(さ行)」カテゴリーアーカイブ

週刊広島(広報出版センター)

週刊広島(広報出版センター)

発行年月日 著者 タイトル 所蔵
創刊 19650625 P
浜井信三 自治意識について
<ズームレンズ欄>国際都市ヒロシマである
<広島文芸-各団体作品集>「構成にあたって、独自の選による結社化を避け、もっぱら現在活動中の各グループに出稿を懇請して、流派、傾向のを問わぬ、綜合作品集の形をとることとした」
グループ名 代表者ほか
夕凪 高井正文
ひまわり 藤井柳波
名柄大学
ひろしま随筆 林賢治
白炎 新田隆義
時点 小堺吉光
木椅子 杉山白炎子
内海俳句 和多野石丈子
投書
広島市本通り 憤慨生 ドーム横の廃船
加古町 ある母親 平和のハト
2 19650709 P
紺野耕一  日本の広島人・井伏鱒二先生のこと
<広島文芸-各団体作品集>
日本現代詩人会 坂本ひさし
早苗(広島馬酔木会) (主宰)秋光泉児(主幹)宮原双馨
万年青(おもと) 鳴沢花軒
水晶体(現代詩) 岡崎水都
広島歌話会 渡部正則
晩鐘 森田良正
青史 深川宗俊
一路 山下陸奥
真樹 山本康夫
同時代人 松尾静明
橡の会(とちのきのかい?) 上本正夫
3 19650723 第一特集 おどらされたマスコミ 誤報だった『発禁』 PHG
門秀一 日本の広島人 森戸先生の額
<広島文芸-各団体作品集>
 回廊  塩田東邨
 瓶  名柄大学
 内海俳句  和多野石丈子
オレンジグループ 西川燕柳
アトマ 若宮綾子
 火幻  豊田清史
林間 岡本民子
ひまわり 藤井柳波
日本未来派 佐川英三
上本正夫
(K) 佐伯好郎博士の死
4 19650806   原爆特集 ここにも花を捧げよう PHG
 随筆四人集
 豊田清史  原爆の美化
 中村信子  河畔の人
<広島文芸-各団体作品集>
廻廊 杉山赤富士
 みすず  山下瓢宇
さいかち 国友栃坊
ホトトギス 内田柳影
青史 深川宗俊
白炎 新田隆義
襤褸 政田岑生
真樹 山本康夫
同時代人 松尾静明
特集 原爆詩歌選
7 19651201 P
 豊田清史  日本の広島人 清新な作家 阿川弘之
島薫 原爆初笑い
広島から発足した世界の百働会
横断歩道:新日本婦人の会広島県本部活躍
<広島文芸-各団体作品集>
一路
晩鐘
同時代人
むくげ
真樹
雨月
木椅子
ひまわり
埋火
内海俳句
早苗
12 19660301 P
みたりきいたり
原爆後遺症に法外措置を請願
「原爆と戦争の意識」アンケートまとまる
 映画ガイド  ヒロシマ」1966
 文芸
女人文芸
 ひまわり
 早苗
川柳ひろしま
 柊
女人短歌
真樹
 一路

 

 

社会運動史研究会(1990年設立)

社会運動史研究会(1990年設立)

研究成果

戦後社会運動史論―1950年代を中心に 広川禎秀・山田敬男編 大月書店 20060120
<あとがき(抄)>「この研究会は、歴史科学協議会の1989年大会・犬丸義一報告の準備研究会をきっかけとして生まれ、1990年に名称を社会運動史研究会とし」
吉田ふみお「ストックホルム・アピール署名運動とその歴史的背景」
大森実「戦後平和運動の市民運動的形成」
戦後社会運動史論②―高度成長期を中心に 広川禎秀・山田敬男編 大月書店 201203
戦後社会運動史論③―軍事大国化と新自由主義の時代の社会運動 広川禎秀・山田敬男編 大月書店 20181214

『セブンウィークリー』

『セブンウィークリー 重富芳衛のらくがき雑誌』(発行:広島らくがき社、創刊号:1956年12月25日)

年月日 著者 タイトル 所蔵
1956
1225 創刊  重富芳衛 創刊のあいさつ P
 蒲生貢  表紙
 重富芳衛  らくがき随筆
 真木弘子  基町一番地
 岡本民子  短歌 きんえい
  寄せ鍋文化
志條みよ子 うつろ横丁
1958
0301  10  浜崎左髪子  小鳥を夢見る女  P
 長岡四朗  人の知らない広島の実話集(2)狐の巣と山下義信―八丁堀界隈が包む秘史
 豊島彰  歌謡はヒロシマから 輝く故郷の明星たち
 正田篠枝  行きたくて 広島原爆病院にて
 0401  4月号  浜崎左髪子 表紙 春の女  P H
 編集部   教科書に採用される 本誌重富芳衛の4原爆忌

 

田端展  広島の作家たち
 重富芳衛  らくがき随筆 東郷画伯の「広島マダム」
 英玲二作詩/仲勇吉作曲  広島復興博音頭
 正田篠枝 私は唖

政治経済セミナー(目録抄)

『政治経済セミナー』(目録抄)

年月日 著者 タイトル 所蔵
1956
0801 創刊 PH
1958
0810 25 特集・被爆学生の手記 PH
1959
0210 31
深川宗俊 短歌
0810 37
《対談》あれから14年 重藤文夫氏
-原爆症とたたかって 吉川 清氏
゛魔の遺産゛原爆症その後
(要請される被爆者総合対策)
原爆の街に生きて(うた三題)
火・ミズオクダサイ 深川宗俊
いけにえ 小堺吉光
原爆ニヒリズム 花田清輝
1964
0701 96 PH
1001 99 PH
1965
0301 104
1001 111 PH
1101 112 PH
1966
0201 115
0601 119 PH
0801 121 PH
0901 1-2
1115 799 <広島版>
原爆ドーム募金問題
被爆者はモッテ瞑すべし
1967
0701 814
1968
0601 826
0901 829
1969
0801 840
原水禁運動をこう考える
小谷鶴次 相原和光 大原三八雄 頂岳龍乗
升川貴志栄 河村政任 中村文江 桑原英昭
森滝市郎 三宅 登 浜本万三 原田東岷
田辺耕一郎 西原 満 きのこ会事務局
1973
1101 891
<未入力>
1988
1101 1071

 

 

短歌雑誌 真樹

『短歌雑誌 真樹』=真樹社(19301101設立)機関誌

発行年月日 巻号 著者 タイトル 所蔵
P=ピカ研、H=原爆資料館、G=広大原医研、U=宇吹
1957
0801 28-8 山本康夫 原爆歌集「広島」から
28-12 庄司静子 小堺さんの「白光」
1958
0801 29-8
1001 29-10 八・六記念広島県合同短歌大会
1201 29-12
1959 H=全号揃
0201 30-2  原田節子  峠氏の原爆詩集
 0701 30-7  創刊30周年記念号  H
 浜井信三  短歌は自然の生命の声
向笠文子 広島の旅・原爆ドーム
 斗桝良江  育成所歌会のころ
0801 30-8  大谷多香子 「真樹三十周年記念号」
 山本康夫  皮膚のない裸群
斗桝良江 原子爆弾
30-11 向笠文子 原水禁世界大会に出席して
1960  H=31-1~31-8、31-10~12。  P=31-4。31-10、31-11。
31-8 新島濤彦 原爆15周年/ああヒロシマ
31-11   原爆十五年短歌大会作品 PH
31-12 富山義照 広島各派代表歌人の集い
1961  P=32-5、32-8、32-10、H=32-1~32-3、32-5、32-7、37-9~37-12
32-5  研谷サダ子  第一回広島短歌祭 PH
32-8  <表紙>  原爆の歌碑  P
32-8  <裏表紙> 平和の歌碑除幕式  P
32-10 山本紀代子追悼号 PH
1962  P=33-4、33-6、33-8、33-10、33-11。H=33-1~33-10、33-12。
 1963  P=34-11。H=34-1、34-3~34-10
34-7  編集委員会  広島歌壇融和の為に  H
34-9  山本康夫  原爆関係歌の論評について  H
34-10  渡部正則  峠三吉詩碑によせて  H
1964 P=35-1、35-6、35-7。  H=35-1~35-10、35-12。
0101 35-1  新年自選歌号
35-6  奥野春子  平和公園  P
35-7 創刊35周年記念号  PH
今堀誠二 「幻」
清水千代 広島とヒロシマ
神田三亀男 広島県短歌史概観―広島県(戦後)短歌史に生きる”真樹”と山本康夫
植野はる子 原爆もの
山本康夫 歌集「秋光」の手記
関珠江 真樹誌上「母の姿」散見
1965
36-8 原爆20年記念特集
1966
37-08 8月原爆特集号
1967
38-8 8月原爆特集号
1968
39-5
39–8 8月原爆特集号
1969
0101 40-1 生命賛歌・三つの珠批評特集
40-2
40-3
40-5
40-6
40-7
40-8 8月原爆特集号
40-9
40-10
40-11
40-12
1970
41-1 真樹賞作品発表号・自選歌特集
41-2
41-3
41-4 「ミモザの花」批評号
41-5
41-6
41-7 7月自選歌号
41-8 原爆25周年記念号
41-9
41-10
41-11
41-12
1971
42-2
42-3
42-4
42-5
42-6
42-57
42-8 原爆特集・8月号
42-9
42-10
42-12
1972
43-1 真樹賞発表号
43-2
43-3
43-4
43-5
43-6
43-8 原爆特集 U
43-9
43-12
1973
0101 44-1 真樹賞発表・自選歌号
44-2 小倉山歌碑除幕特集
44-4 史蹟御座山作品特集
44-5
44-6
44-8 原爆特集
44-10
44-11
1974
0101 45-1
45-2
45-4
45-7 7月自選歌号
45-8 原爆・平和希求特集
45-9
45-11
1975
0101 46-1 真樹賞・年度賞発表号
46-2
46-4
46-5 第500号記念特集
46-6
46-7 山本康夫歌碑除幕特集
46-8 原爆30周年特集 U
46-9
46-10
46-12
1976
47-1
47-2
47-3
47-5
47-6
47-7
47-8 平和希求広島特集 GU
47-11
47-12
1977
48-1 真樹520号記念号
48-8  G
1978
49-8  G
1979
50-8
1980
51-8  G
1981
52-8 平和希求広島特集
山本孝子 被爆追憶
山本康夫 鮮烈の憶いはうちに
山本節子 核軍備の狭間に
1982 53-8
53-8 平和希求広島特集  G
1983
54-8 広島平和希求特集号  G
1984
0801 55-8 広島平和希求特集号  G

広島財界今昔物語(目次)

井上洋一郎『広島財界今昔物語』
(政治経済セミナー、1967年2月1日刊)

目次
序文・出版を記念して
河村郷四(第23代広島商工会議所会頭)
プロローグ
反骨の士、福島正則  広島一の大商人 和歌山組と地元組 維新のバスに乘りおくれ 二線級ピッチャー
広島金融界の今昔 その一
明治の金融
芸備銀行の歩み
広島銀行の躍進
信用金庫と信用組合
広島金融界の今昔 その二
相互銀行の成長
信用金庫と信用組合
広島の電力事業
広島電力界の先覚たち
合併から統制へ
復興を担った人々
広島の味覚
広島銘酒の物語
広島牡蛎の発展
消費都市「広島」
近代百貨店の出現
「福屋」の歴史
天満屋の登場
双生児の電車とガス
運輸界の人々
広島のガス事業
異色の郷土産業
矢野髢の盛衰
日本一の熊野筆
伝統三百五十年の製針業
”スリー・ダイヤ”の造船所
 三菱重工業の系譜
広島造船所の歩み
中小造船業界のチャンピオン
広島の木場
 木場の盛衰
浅野藩の木材専売 藩指定の木材商人 鷹匠町の老舗奥田木材 電柱の請負いで大損 相心橋かいわい 自家用飛行機の木材人、小川勇 “椿六十郎”小林秀人  木材一家の日垣兄弟 木材界の指導者加藤悦蔵  新興勢力の雄、寒川隆一 銘木の老舗藤居平一 市売市場復活の先陣・今井博美
防腐木材のチャンピオン
モータリゼイションの先駆
 モータリゼイションの先駆
東洋工業の歩み
松田恒次の経営精神
エピローグ
広島に過ぎたるもの  二葉会の創世記  二葉会の功績  藤田組の変遷  日赤病院の復旧工事で社会奉仕  ”ラジオ中国”のことども  ”広島テレビ放送”と横山周一  広島の洋々たる前途
 あとがき

 

 

あとがき