「政治経済セミナー」カテゴリーアーカイブ

政治経済セミナー(目録抄)

『政治経済セミナー』(目録抄)

年月日 著者 タイトル 所蔵
1956
0801 創刊 PH
1958
0810 25 特集・被爆学生の手記 PH
1959
0210 31
深川宗俊 短歌
0810 37
《対談》あれから14年 重藤文夫氏
-原爆症とたたかって 吉川 清氏
゛魔の遺産゛原爆症その後
(要請される被爆者総合対策)
原爆の街に生きて(うた三題)
火・ミズオクダサイ 深川宗俊
いけにえ 小堺吉光
原爆ニヒリズム 花田清輝
1964
0701 96 PH
1001 99 PH
1965
0301 104
1001 111 PH
1101 112 PH
1966
0201 115
0601 119 PH
0801 121 PH
0901 1-2
1115 799 <広島版>
原爆ドーム募金問題
被爆者はモッテ瞑すべし
1967
0701 814
1968
0601 826
0901 829
1969
0801 840
原水禁運動をこう考える
小谷鶴次 相原和光 大原三八雄 頂岳龍乗
升川貴志栄 河村政任 中村文江 桑原英昭
森滝市郎 三宅 登 浜本万三 原田東岷
田辺耕一郎 西原 満 きのこ会事務局
1973
1101 891
<未入力>
1988
1101 1071

 

 

広島財界今昔物語(目次)

井上洋一郎『広島財界今昔物語』
(政治経済セミナー、1967年2月1日刊)

目次
序文・出版を記念して
河村郷四(第23代広島商工会議所会頭)
プロローグ
反骨の士、福島正則  広島一の大商人 和歌山組と地元組 維新のバスに乘りおくれ 二線級ピッチャー
広島金融界の今昔 その一
明治の金融
芸備銀行の歩み
広島銀行の躍進
信用金庫と信用組合
広島金融界の今昔 その二
相互銀行の成長
信用金庫と信用組合
広島の電力事業
広島電力界の先覚たち
合併から統制へ
復興を担った人々
広島の味覚
広島銘酒の物語
広島牡蛎の発展
消費都市「広島」
近代百貨店の出現
「福屋」の歴史
天満屋の登場
双生児の電車とガス
運輸界の人々
広島のガス事業
異色の郷土産業
矢野髢の盛衰
日本一の熊野筆
伝統三百五十年の製針業
”スリー・ダイヤ”の造船所
 三菱重工業の系譜
広島造船所の歩み
中小造船業界のチャンピオン
広島の木場
 木場の盛衰
浅野藩の木材専売 藩指定の木材商人 鷹匠町の老舗奥田木材 電柱の請負いで大損 相心橋かいわい 自家用飛行機の木材人、小川勇 “椿六十郎”小林秀人  木材一家の日垣兄弟 木材界の指導者加藤悦蔵  新興勢力の雄、寒川隆一 銘木の老舗藤居平一 市売市場復活の先陣・今井博美
防腐木材のチャンピオン
モータリゼイションの先駆
 モータリゼイションの先駆
東洋工業の歩み
松田恒次の経営精神
エピローグ
広島に過ぎたるもの  二葉会の創世記  二葉会の功績  藤田組の変遷  日赤病院の復旧工事で社会奉仕  ”ラジオ中国”のことども  ”広島テレビ放送”と横山周一  広島の洋々たる前途
 あとがき

 

 

あとがき