「広島文学資料保全の会」カテゴリーアーカイブ

広島文学資料保全の会

広島文学資料保全の会 設立:1987年2月17日

 

資料

 発行年月日  書名 備考(著者・発行所など)
1990/08/01  行李の中から出てきた原爆の詩 広島文学資料保全の会編  暮しの手帖社 G
  1995/07/30 さんげ 原爆歌人正田篠枝の愛と孤独 広島文学資料保全の会  社会思想社 G
 2014/01/15 人類が滅びぬ前に 栗原貞子生誕百年記念 広島ミニコミセンター編  広島文学資料保全の会 G
 2004/12/01 峠三吉 被爆日記 池田正彦、松尾雅嗣 編  広島大学ひろしま平和科学コンソーシアム G
 2017/07/03 峠三吉と四國五郎駆けぬけた広島の青春(リーフレット) 広島文学資料保全の会・四國五郎[四国五郎]追悼の会 G
 1999/04/08 広島に文学館を 広島の心を21世紀に伝えよう! 尾津訓三・池田正彦編  広島文学資料保全の会 G
 2016/07/01  未来への伝言 記憶遺産シンポジウム記録・資料集 広島ミニコミセンター編  広島文学資料保全の会 GU
 2017/01/01 8 未来への伝言 記憶遺産シンポジウム記録・資料集 増補改訂版 広島ミニコミセンター編  広島文学資料保全の会 G

 

 

 

広島文学資料保全の会(1987)

広島文学資料保全の会活動日記(抄)

出典:『広島に文学館を 広島の心を21世紀に伝えよう!』(編集人:尾津訓三・池田正彦 発行人:好村冨士彦、1999年4月30日)

年月日
1987 ヒロシマに関わる文学資料の調査、収集・保存、そのための施設建設を求め、広島市長への<要請>署名運動。発起人11人=磯貝英夫、今堀誠二、大原三八雄、北西允、栗原貞子、好村冨士彦、四国五郎、立川昭二郎、深川宗俊、松元寛。発起人の呼びかけに応じた、被爆者、文化人、学者、市民72人は参道呼びかけ人として活動に参加。
 2月  仮称「広島の文学資料の保全をすすめる会」を結成(代表者:広島大学学長・沖原豊)。幹事・事務局を選出し、要請署名と活動資金を訴える活動にとりかかる。