「1965年」カテゴリーアーカイブ

広島県原水協年表(1965年)

広島県原水協年表(1965年)

月日 事項
0124 広島県文学会議, 江田島の米軍秋月弾薬庫を現地調査.
2. 1 沖縄・小笠原返還要求国民大行進広島県実行委員会結成.
4.16 ベトナム侵略反対・日韓会談粉砕・春闘勝利・安保共闘再開 4・16広島県中央集会県庁前に30団体, 1500人が参加.
4.17 広島大学人の会・キリスト者平和の会, ベトナム問題研究集会を開く. 170人参加米軍のベトナム侵略即時停止の声明発表.
5.16 広島県原水協総会. ベトナム支援・被爆者救援カンパを決定. 2回目の中国核実験で声明を発表.
5.16 世界連邦建設同盟広島県協議会・広島宗教者平和協議会・新日本婦人の会など19団体, 「ベトナム戦争阻止, 広島文化人・科学者・宗教者の統一集会」を開催. マスコミの誤報を批判.
6. 5 広島市原水協再建のための第2回準備会を平和親善センタ―で開催.「よびかけ」で「”ひろしま”をベトナムに, 世界に, 再現させるな」と訴える. 6. 7 ベトナム戦争阻止広島市民統一集会. 共産党・社会党をはじめ民主団体が共同で開催し,県庁前に3000人参加.
6. 7-8 ベトナム民主共和国文化使節団来広.
6.15 ”原爆詩人”正田篠枝死亡.
6.20 原水爆禁止広島市協議会, 広島市平和記念館で再建大会. 200人参加. 会長北西允.
6.20 「詩人峠三吉夫妻をしのぶ会」, 広島市平和記念館で開催.
6.27 原爆小頭症患者の父母たちの集まり「きのこ会」発足.
7. 3 広島県青年団連合会第1回理事会,日本原水協の第11回世界大会を支持することを決定.
7. 5 広島県平和委員会・原水協・被団協・文学会議の4団体,「原爆ゆるすまじ」(新日本新書)を出版.
7.13 日本原水協中国ブロック会議.
7.18 1965年広島県母親大会. 広島大学の杉原芳夫, 原爆小頭症について特別報告 8. 1 新日本婦人の会広島支部, 「木の葉のように焼かれて第二集」を発行.
8. 3 広島県原水協, 広島県の不当な体育館使用拒否に対する抗議声明を発表.
8. 3 広島県原水協, 広島市内で文化人懇談会を開催.
8.4-5 広島県原水協の文化工作隊として取り組んだ「河」公演.
8. 5 第11回原水爆禁止世界大会広島大会. 広島市本川小学校に 1万4000人参加. 8.5-8 第11回平和美術展, 広島市平和記念館で開催.
8. 6 広島市原水協・同被団協, 広島市公会堂で被爆者救援集会を開催. 「”ひろしま”をベトナムに, 世界に, くりかえさせるな」のスローガンで2000余人が参加.
8. 6 広島市内の基町高校で「許すな核戦争, アメリカのベトナム侵略反対, 被爆20周年記念, うたごえ祭典」.
8. 6 広島市平和記念館で「第11回原水禁世界大会広島高校生平和集会」. 60名参加.
8. 6-8 第 1回呉市平和美術展, 呉市体育館で開催.
9. 4 呉地区安保共闘会議, 米軍秋月弾薬庫(安芸郡江田島町)からのベトナム向け弾薬の積出しにたいしてアメリカ大統領らに抗議文を送る.
9. 8 広島県被団協理事温品道義, 死去.
9.12 「日韓条約批准阻止・ベトナム侵略反対・合理化粉砕・生活擁護・被爆者救援 9・12広島県大集会」(46団体の実行委員会主催), 広島市平和公園で開催. 8300人が参加し,集会後, アメリカ文化センターとABCCに抗議のデモ行進(ABCCへのデモは初めて).
9.17 沖縄・小笠原返還同盟広島支部, 広島市平和記念館で結成大会.
10. 2 被爆者の手記「原爆ゆるすまじ」(新日本新書)の出版を記念して「著者と編集者」のつどいが広島市万象園で開かれ, 「広島被爆者手記の会」を結成10. 7 広島県原水協代表, 広島原爆病院に入院中の沖縄被爆者を見舞う.
10.31 陸上自衛隊第13師団(安芸郡海田町), 「創立十五周年記念」と銘うって広島市平和大通りでの観閲行進を強行.
11.13 高宮郡高宮町川根で「川根被爆者の会」を結成.
11.18 広島県原水協・被団協代表4人,広島市に被爆者手帳交付に際し,本人の申し出を尊重するよう申し入れる.
1206 日本原水協, 広島県・市原水協, 広島市公会堂で「被爆者救援 6・9 全国いっせい行動広島大会」を開き, 400人が参加.

 

ヒロシマ二十年 原爆記録映画製作者の証言

『ヒロシマ二十年 原爆記録映画製作者の証言』(加納竜一・水野肇、 弘文堂、19650805 )

目次

口絵
まえがき
はじめに-つめたい試写室 一
1 ヒロシマ・八月六日
1 歴史の流れの中で
2 八月六日のヒロシマ
3 科学者第一陣
2 原爆記録映画の企画
1 ニュース・カメラマンの記録
2 先発隊長崎へ
3 記録映画班の編成
4 あわただしい調査活動
3 撮影隊、広島へ
1 クラン開始
2 海田市の合宿寮
3 広島上空五五〇メートル
4 原爆ドームをめぐって
5 被爆者の島・似島
6 物資不足をのりこえて
4 科学測定を追って
1 キノコ雲の正体
2 爆心と黒い雨
3 熱と影をさぐる
5 死の街を行く
1 医者をさがす人々
2 ヒロシマの医師たち
3 人体への影響
4 ある被爆者の二〇年
6 広島から長崎へ
1 ナガサキ・八月九日
2 撮影隊、長崎へ入る
3 捕らわれたカメラマン
7 米軍の干渉と没収
1 撮影禁止命令
2 軟禁下の編集
3 再び長崎へ
4 奪われた原爆記録映画
8 それから二〇年
1 はばまれる真実の声
2 公開された惨禍
3 研究体制はこれでよいか
4 「幻のフィルム」の復元を

 

原水爆禁止日本国民会議(原水禁)

原水爆禁止日本国民会議(原水禁)

 

結成大会:1965年2月1日

『原水爆禁止世界大会広島長崎大会報告決定集NO.1、NO.2』(19640825)

『原水禁ニュース』(19650301)~

『被爆20周年原水爆禁止世界大会報告決定集』(19650920)~

宇吹所蔵資料 『被爆**周年原水爆禁止世界大会報告決定集』

発行年月日 被爆**周年 備考
19740901 29 B5判 106頁
19820831 37 A5判 137頁
19830831 38
1988 43
1989 44
1990 45
1991 46
1992 47
1993 48
1994 49
1995 50
1997 52
1998 53
1999 54

 

 

編年資料:ヒロシマ-1965年

編年資料:ヒロシマ-1965(昭和40)年

月日 資料名
0211 原爆被爆者調査に関する研究会
0315 日本原水爆被害者団体協議会の被爆体験記など収集のよびかけ
03 日本原水爆被害者団体協議会の「被爆者実態調査」に対する要望
0329 湯川秀樹らの「原爆ドーム保存要望書」
0406 日本被団協「経過報告ならびに連絡事項」
0606 「広島」原爆記念文庫の設置
0707 日本原水爆被害者団体協議会 「原爆被災体験資料」蒐集のための会合案内
0720 日本原水爆被害者団体協議会「被爆20周年原爆死没者慰霊祭趣意書」
0805 第11回原爆禁止世界大会日本代表団の決議
「被爆者とともに核戦争阻止・核兵器完全禁止の旗を高くかかげ被爆者救援運動をさらに強めよう」
0805 第11回原爆禁止世界大会広島大会の決議「被爆者とともに広島から訴えます」
0805 談和会「原水爆被災白書についての佐藤総理大臣への要望書」
0806 広島市平和宣言
0809 長崎市平和宣言
0831 原爆資料保存会(編)「原爆記念文庫所蔵原爆関係文献目録-昭和40年8月31日調」
1002 広島県議会意見書「原爆被爆者実態調査の完全実施についての要望」
1101 厚生省「原子爆弾被爆者実態調査・調査票」(1965年11月1日)

 

ワールド・フレンドシップ・センター

196508

ワールド・フレンドシップ・センター
ワールド・フレンドシップ・センター 「平和の推進1975」p.
ワールド・フレンドシップ・センター 「平和の推進1976」p.29
ワールド・フレンドシップ・センター 「平和の推進1983」pp.47-48
ワールド・フレンドシップ・センター 「平和の推進1988」pp.81-82
(1)ワールド・フレンドシップ・センター(WFC)<助成。~1990> 「センター20年誌」pp.111-112

「原爆被災体験資料」蒐集のための御協力者のお集まりのお願い

1965年7月7日
「原爆被災体験資料」蒐集のための御協力者のお集まりのお願い
御協力の意志表明をいたゞいた標記の件につきましては、先便で経過の概略をお知らせいたしましたが、今般左記のようにお集まりをいたゞきたいと存し、御案内申し上げます。
その際、左記の三氏よりそれぞれの部門について御報告があります。
物理学(医学)部門(広島)
庄野直美氏(理学博士 広島女学院短大教授)
文学部門(広島)
豊田清史氏(歌人)
長崎の概況
木野普見雄氏(長崎市常任監査員 日本被団協代表理事)
なお、最初にお送りした「計画要網」にミス・プリントもあり、「協力」の内容がはっきりしないと云う御批判が多くよせられましたが、このことについては私どもは次のように考えております。
一、日本被団協のこの事業を支持する意志表示によって、私どもをサポートしていただくこと。
一、この事業の推進のため、日本被団協は募金を行いたいと存じますが、そのお願いに対して連名でお口添えをしていただくこと。(このことについて、募金は「協力委員会」内部だけにとどめよという御意見もあります)
一、以上のほか、できれば
1.御自身でおもちのまたは御存知の資料についてお知らせいたゞくこと。
2.御専門の分野から、資料の調査、蒐集、保管方法、その他の問題点について御意見をお寄せいただくこと
3.将来、目録の作成(出版)、編集、翻訳等の問題が具体化すれば、御助言と御助勢をいただくこと。
4.その他
何分非力の私どもが進めている仕事のこと故、いろいろと手落ちも多く、なお御得心のいかない不備の点もあろうかと存じます。
また当日は御多忙中のことと存じますが、何とぞ御出席のうえ私どもを御指導、御激励下さるようお願い致します。

一、日時 七月一五日(木曜日)午後一時
一、場所 電通会館第一会議室
千代田区神田駿河台三の六 電話(二五二)九六一八
一、会合の内容
経過報告と今後のお願い 森滝市郎
各部門報告 前記三氏
御意見の交換
以上
一九六五年七月七日
日本原水爆被害者団体協議会
理事長 森滝市郎