「28増岡敏和」カテゴリーアーカイブ

増岡敏和

増岡敏和

ますおか・としかず 2010年7月28日没 享年82歳

8月6日(1945年)には海軍の予科練(飛行機練習生)で松山航空隊に入隊、8月6日頃は軍隊疎開で愛媛県の南部の深浦町にいた。敗戦の数日以内に広島市に帰る。祖母、母、長妹(原爆死)、次妹被爆弟たちは学童疎開中。

資料

 年月日  タイトル  形態・メモ
19560601  請願書(広島県原爆被害者団体協議会)
  19920911 増岡⇒ 吉川生美  書簡
吉川生美⇒ 宇吹 書簡
 19920923  増岡⇒ 吉川生美 葉書
19921006  宇吹⇒吉川生美 書簡(控)
同上同封資料『東友文庫5 「ヒロシマ・ナガサキから何を学ぶか」被爆45周年連続学習講座 第5集 被爆者・国民は何をしてきたか』
 19921030  宇吹⇒増岡  書簡(控)
19921105 増岡⇒ 宇吹 葉書
 19940712  増岡持参資料  紙1枚
「不屈の原水禁・被爆者運動前史―「占領期の広島」手控え」
 19930124  1992年度久保医療文化研究所講演録(久保医療文化研究所)  冊子
第68回講演会(19920314)増岡敏和「広島における反原爆文化運動の原点」