「毒ガス工場・大久野島」カテゴリーアーカイブ

大久野島毒ガス資料館

大久野島毒ガス資料館
広島県竹原市・大久野島
1988年4月16日開館

okim03
okim04
okim05
設置団体
大久野島毒ガス障害者対策連絡協議会
会長 竹原市長
副会長 川尻町長 坪川蔵之助
同 大久野島毒瓦斯障害者対策連絡協議会・三原地区対策協議会長 西原栄
広島市長 荒木武
呉市長 佐々木有
三原市長
東広島市長 讃岐照夫
安芸津町長 三好祐三
本郷町長 木原一男
安浦町長 林田健児
豊町長 多武保清水
大崎町長
豊浜町長 石井周
東野町長 望月正博
木江町長 高田大介
瀬戸田町長 和気成祥
大久野島毒瓦斯傷害者互助会会長 梶村政夫
大久野島毒瓦斯傷害者厚生会会長
大久野島毒ガス障害者徴用者協議会会長 山崎一男
大久野島学徒親和会会長
大久野島毒ガス障害者(瀬戸田・因島)久野島会会長 平田清
大久野島毒ガス障害者幸崎地区協議会会長 薬師嘉平
忠海分廠毒ガス障害者協議会会長 梅田光夫
忠海分廠動員児童の会会長 中島市次郎
旧忠海分廠動員学徒の会会長 竹城孝
okim06

 

大久野島毒ガス障害死没者慰霊碑

大久野島毒ガス障害死没者慰霊碑

1984年6月1日 大久野島毒ガス障害慰霊碑建設委員会発足
1985年5月12日 除幕式

okim07
[右より]副碑1(宣言)、主碑、歌碑、副碑2(概要)
主碑
大久野島毒ガス障害死没者
慰霊碑
広島大学医学部長
西本幸男書
歌碑
okim10
くのしまの
けむりに逝きし
同胞の
み霊よ とわに
安らけく
あれ
副碑(宣言)
碑(表)
okim08
宣言

化学兵器は無差別かつ広範囲に人間を殺りくすることでは核兵器、生物兵器と同じであるから、ただちに廃絶されなければならない。
ここ大久野島には、かつて東京第二陸軍造兵廠忠海製造所があり、国際条約で禁止された毒ガスを密かに製造していた。事情を知らされることなく働いた工員・徴用工・学徒・勤労奉仕ほかの人々は、働いているときはもとより、仕事をやめた後も呼吸器などの毒ガス障害に悩まされ、癌の恐怖におびえた毎日を送っている。死没者はすでに千名を超えたが、その多くは毒ガス障害の解明のため身をささげ、国からの救済の道を開くべく、その礎となった人々である。
ここに毒ガス障害による死没者の冥福を祈って慰霊碑を建立し、再びこのような不幸なことを繰り返さないよう広く世界に警告する。

昭和六十年五月十二日
竹原竹原竹原市長 森川繁喜

 副碑(裏)
大久野島毒ガス障害者慰霊碑建立委員会

委員長 広島大学医学部長 西本幸男
副委員長 大久野島毒瓦斯障害者対策連絡協議会会長 竹原市長 森川繁喜
参与 広島大学医学部教授 重信卓三
同  国家公務員等共済組合連合会忠海病院長 行武正力
委員 広島市長 荒木武
同 呉市長 佐々木有
同 三原市長 土居山義
同 東広島市長 讃岐照夫
同 川尻町長 坪川蔵之助
同 安芸津町長 三好祐三
同 本郷町長 木原一男
同 安浦町長 林田健児
同 豊町長 多武保清水
同 豊浜町長 石井周
同 大崎町長 浜中忠一
同 東野町長 望月正博
同 木江町長 高田大介
同 瀬戸田町長 和気成祥
同 大久野島毒瓦斯障害者対策連絡協議会副会長・三原地区対策協議会長 西原栄
同 大久野島毒瓦斯傷害者 互助会会長 梶村政夫
同 大久野島毒瓦斯傷害者 厚生会会長 野川龍一
同 大久野島毒ガス障害者 徴用者協議会会長 山崎一男
同 大久野島毒ガス障害者 久野島会会長 平田清
同 大久野島毒ガス障害者 幸崎地区協議会会長 薬師嘉平
同 忠海分廠毒ガス障害者 協議会会長 梅田光夫
同 大久野島学徒親和会会長 村上照八郎
同 忠海分廠動員児童の会会長 中島市次郎
同 旧忠海分廠動員学徒の会事務局長 竹城孝

建設委員会事務局 竹原市環境保全課長 大頭尚作  同 主査 中谷清
設計施工 (株)竹原造園

 副碑(表)
okim09
毒ガス工場と毒ガス障害
東京第二陸軍造兵廠忠海製造所は、日本陸軍の毒ガス工場として昭和四年に大久野島に設置され、昭和二十年終戦後米軍により破壊された。この工場では各種の毒ガスや信号筒が製造されたが、イペリットの生産に重点が置かれた。
従業員の総数は約五,〇〇〇名に達したが、その多くはせき・たん・呼吸困難を伴う難治の慢性気管支炎にかかり、イペリットが発癌物質であったため喉頭癌・肺癌・などが多発している。広島大学医学部(内科・病理)及び国家公務員等共済組合連合会忠海病院は昭和二十七年以来、毒ガス障害の解明と治療を行っている一方、障害者の切実な要望にこたえ、国は昭和二十九年「ガス障害者のための特別措置要綱」を制定して救済を開始し、その後医学的研究の結果に基づいて救済の範囲の拡大を行っている。また現在では、広島陸軍兵器補給廠忠海分廠の従事者も救済に加えられている。
 副碑(裏)

製造された毒ガスの種類

名称 化学式 陸軍呼称 性質 性状 月産能力
ドイツ式イペリット (略) 黄1号甲(A1) びらん性 黄褐色粘液液体
(気体は無色)
200トン
フランス式イペリット (略) 黄1号乙(A2) 200
ドイツ式不凍イペリット (略) 黄1号丙(A4) 50
ルイサイト (略) 黄2号甲(A3) 淡黄色粘液液体 50
ヂフェニールシアンアルシン (略) 赤1号 くしゃみ性 淡緑色固体 50
青酸ガス (略) 茶1号 窒息性 無色気体 50
クロールアセトフェノン (略) 緑1号 催涙性 微黄色固体 25
ホスゲン (略) 青1号 窒息性 無色~白色気体 初期のみ

okim11

 

 

ヒロシマから生物・化学兵器を考える

『全国シンポジウム「ヒロシマから生物・化学兵器を考える」―過去・今・未来全廃のシナリオ―』(広島県教職員組合「広島教育」編集部(編)、広島教育会館(刊)、19931101)<作業中

タイトル 発言者など 備考
01 基調講演「人類はBC兵器を棄てられるか」 常石敬一
第1部 生物・化学兵器の過去と現在
18 ABC兵器廃絶そしてDへ 水島朝穂
20 C兵器廃絶にむけた日本の「国際貢献」 粟屋憲太郎
21 禁止条約の抜け道 常石敬一
22 「私たちの叫びが通じた」条約締結 村上初一
23 水で洗うことを教わった軍国少女 沼田鈴子
31 毒ガス障害者援護の長い道のり 梶村政夫
39 窮地に「毒ガス使え」の命令 谷菅静夫
第2部 全廃へのシナリオ
42 竹田
45 七沢
54 岡田
56 松江澄
59 木原省二
63 岩野
64 宝木
65 中土
67 伊藤
76 生物・化学兵器に対するヒロシマアピール(要旨)

「ヒロシマから生物・化学兵器を考える―過去・今・未来全廃のシナリオ―」<資料集> 1993年1月30日(土) 東方2001(広島教育会館)

毒ガス工場・大久野島(関連資料)

毒ガス工場・大久野島関連資料

 

資料名 作成・発行 年月日 備考
毒ガス工場・大久野島の歴史(試案)-大久野島からウ・タント報告まで 広島県歴史教育者協議会広島支部 19710201 冊子
厚生省受託研究・研究報告書-毒ガス障害の本質とその医療に関する研究 西本幸男(研究代表者・広島大学医学部第2内科教授) 197503 冊子
大久野島毒ガス障害死没者慰霊碑 同碑建設委員会 19850512 冊子
大久野島・毒ガスのツメ跡 『中国新聞』(13回) 19690107~0121 連載
どうなる大久野島 『中国新聞』(5回) 19720607~0611 連載
毒ガス島 『中国新聞』(14回) 19751204~1221 連載
機密法の下、毒ガス製造 大久野島は忘れない 『?』(5回) 19860909~0913 連載
毒ガス資料館設立趣意書0 大久野島毒ガス障害者対策連絡協議会 19770119 冊子
大久野島毒ガス資料館 1988年開館(広島県竹原市忠海町)
https://www.city.takehara.lg.jp/simin/sisetukannri/dokugasusiryokan.html