「日本宗教者平和協議会」カテゴリーアーカイブ

日本宗教者平和協議会

日本宗教者平和協議会 1962年結成

出典『現代に生きる宗教者の証言』(新日本新書、19680805)目次

著者 タイトル 備考
大西良慶 序にかえて 北法相宗清水寺貫首
第1章 内なる心の平和から外なる世界の平和へ
高木幹太 信仰と社会科学にみちびかれて
壬生照順 治安維持法の犠牲となって -新興仏教青年同盟弾圧事件の証言-
松尾喜代司 私の信仰と平和
出口栄二 戦時下の大本弾圧と世直し運動
尾鼻藤太郎 天皇制のもとで信仰を守りぬき-ホーリネス弾圧事件の証言-
佐藤行通 戦争反省とわが生涯の転換
第2章 たちあがる宗教者
住谷悦治 平和のための宗教
近江幸正 原水禁運動の統一と前進を願って -「折鶴行脚」の経験から-
佐々木千代松 現代に生きる丸山教をめざして
後藤日雄 衆生のために軽き身命
訓覇也男 殺すな、殺させるな! -公害にとりくむ仏教徒-
橋本左内 恵庭事件を闘ったキリスト者 -人間変革のるつぼのなかで-
三谷會祥 心に日中不再戦の碑を刻みつつ
阿波根昌鴻 沖縄の大地を守って -祖国復帰をめざす闘いのなかで-
大島静子 キリスト教婦人も平和のために
藤井慶輝 僧侶として、教師として
市川白弦 仏教徒の戦争責任
福岡精道 朝鮮問題と日本仏教徒の責任
松田平太郎 「紀元節」復活反対から靖国神社国営化阻止へ
藤教温 たちあがる宗教青年の決意 遠
第3章 ベトナム戦争と宗教者
鈴木徹衆 爆撃下のハノイを訪ねて
安斎伸 ベトナム戦争と日本のカトリック-世界信徒大会の論議を中心に-
藤井日達 ベトナムの焼身僧によせる
渡辺照宏 日本仏教徒の責任
安部忠義 アメリカのキリスト者よ、悔い改めよ
佐伯快勝 大和古寺に刻む反戦の詩
中濃教篤 ベトナム戦争と宗教
第4章 宗教者平和運動の課題と展望
小室裕充 日本宗教者平和協議会のあゆみ
森竜吉 近代宗教運動からみた宗平協
細井友晋 今日における宗教者のたたかい
大川義篤 信教の自由と宗教者平和運動
壬生照順 宗教者平和運動の課題と展望
あとがき
執筆者紹介