10月忌(一覧)

10月に亡くなった人々

没年 名前 よみ 享年 備考
01 2012 河合護郎 かわい・ごろう 84 広島平和文化センター元理事長。原爆投下の4日後の1945年8月10日、親族を捜すため爆心地付近に入り被爆。50年に広島市職員。企画調整局長、民生局長などを歴任し、87年から5年間、広島平和文化センター理事長。退任後は市民団体「核兵器廃絶をめざすヒロシマの会」の共同代表に就任。
02 2017 中村敏 なかむら・さとし 73 中国新聞記者、日本ジャーナリスト会議(JCJ)広島支部幹事、広島マスコミ9条の会運営委員など歴任。『中村敏遺稿集』。「中村敏さんを偲ぶ会」(20171118、会場:広島市文化交流会館)
05 2001 瀬長亀次郎 セナガカメジロウ 94
07 2001 大牟田稔 おおむた・みのる 71 『広島県現代文学事典』。元広島平和文化センター理事長、元中国新聞論説主幹の大牟田稔。宮崎県出身。53年に中国新聞社に入社し、東京支社編集部次長、総務局次長、論説主幹などを経て92年、広島平和文化センター理事長に就任。記者時代は返還前の沖縄在住の被爆者を初めてルポ、原爆小頭症患者と家族でつくる「きのこ会」発足を呼び掛け、支援に取り組むなど原爆・平和報道に尽力。
07 2015 犬丸義一 いぬまる・ぎいち 87 歴史研究者。1967年の歴史科学協議会の結成に参加、全国委員を務める。元長崎総合科学大学教授。
08 1982 ノエルベーカー、フィリップ・J・ 92 英の平和運動家。1962年、初めて広島を訪問、ヒロシマ会議(1970年)、77年、81年にも来訪。[70ヒロシマ会議]
09 1992 今堀誠二 いまほり・せいじ 77 広島大学名誉教授。前広島女子大学長。
10 2009 新江義雄 しんえ・よしお 筆名:山ノ木竹志
11 2003 田坂正利 たさか 76
11 2017 荒井信一 あらい・しんいち 91 歴史学者。「日本の戦争責任資料センター」共同代表、「戦争と空爆問題研究会」・「韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議」などの代表を務める。『朝日新聞』2017.11.5
12 2006 田端展 田端展 『広島県現代文学事典』
15 1980 栗原唯一 73 『栗原唯一追悼 平和憲法の光をかかげて』(栗原貞子、詩集刊行の会、1980.1.15)。元社会党県議.
15 2010 松尾雅嗣 まつお・まさつぐ 叙位叙勲:従四位・瑞宝中綬章(平成22年10月15日付)(広島大学平和科学研究センター”NEWSLETTER”2011年)
16 1990 三宅泰雄 みやけやすお 82 元東京教育大学教授。「第五福竜丸事件」の調査にあたり、原水禁運動に貢献。
18 1979 坂田修一 さかたしゅういち [54世界平和集会世話人(常任)](広島市助役)。広島平和文化センター理事長(初代)。1951年6月~55年4月、1967年~73年8月、広島市助役。
18 1982 重藤文夫 しげとうふみお 79 広島原爆病院の初代院長(被爆者)。[77被爆国際シンポ日本準備委員会結成呼びかけ人]。原爆病院長室で面談、資料を閲覧
19 1995 丸木位里 まるきいり 94 洋画家。「原爆の図」。『広島県現代文学事典』
25 1955 佐々木禎子 ささきさだこ 12 広島市の中学生、白血病で死去。
26 1965 三村剛昂 みむら 67 広島文理科大学教授(物理学)の時被爆。
26 2017 神田三亀男 かんだ・みきお 95 民俗学者、歌人。『広島県現代文学事典』
 27  2003  石田明  いしだあきら  75  全国原爆被爆教職員の会会長、広島県原水禁代表委員、社民党同県連顧問、元同県議。17歳の時、広島原爆の爆心から約1キロの広島市中区八丁堀の路面電車の中で被爆。教員、広島県教組委員長を経て83年から県議となり、今年4月に引退。原爆白内障の認定申請却下を不当とした「石田原爆訴訟」を広島地裁に起こし、76年7月に全面勝訴。自社さ連立政権下、94年の社会党(現社民党)の基本方針転換には同県本部を挙げて反対。
30 2016 宗藤尚三 むねとうしょうそう 88 広島県府中町・こばと幼稚園園長。被爆牧師。
31 2014 本島等 もとしまひとし 92 元長崎市長。