02月忌(一覧)

2月に亡くなった人々

没年 名前  よみ  享年  備考
01 1973 長岡省吾  ながおか・しょうご 71  広島大学理学部[学研調査]。被爆時、広島文理科大学嘱託として山口県に地質調査で出張中。翌日入市。被爆資料収集に努めた(初代広島原爆資料館長)。<別記
01 1997 河合幸尾 かわい・ゆきお 広島女子大学元教授。<別記予定>
02 2013 山岡ミチコ やまおか・みちこ 82 被爆証言者。「山岡ミチコさん 被爆し 渡米治療」(『中国新聞』20130201、田中美千子記)http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=8665<別記予定>
04 1980  佐々木雄一郎  ささき・ゆういちろう 63  被爆記録写真を撮り続けた広島の写真家。[69原爆被災資料広島研究会]。<別記予定>
06 1989 甲斐英男 かい・ひでお 広島県史編さん室の上司。<別記
06 2012 重松逸造 しげまつ・いつぞう 94 放射線影響研究所元理事長<別記予定>
07 1971 尾形静子  おがた・しずこ  44  広島市広瀬国民学校で勤務中被爆。『広島県大百科事典』(森下弘執筆)
07 1987 小西ノブ子  こにし・のぶこ  80  反戦被爆者の会会長。
08 1961 雑賀忠義  さいか・ただよし  67

 

 広島高等学校教授の時被爆。英文学者。1957年広島大学を定年退官。広島平和公園にある原爆慰霊碑の碑文の作者。
08 1997 小谷鶴次  こたに・つるじ  84

 

 広島大学名誉教授。政経学部教授時代に世界連邦建設運動にかかわる。
08 2015 栄久庵憲司 えくあん・けんじ 85 工業デザイナー。<別記予定>
09 1982 加藤新一  かとう・しんいち  81

 

 広島市在住の被爆者。[52広島平和問題談話会](日本国際連合協会広島支部局長)。第1回国連軍縮特別総会に参加。
09 1996 小笠原基生  おがさわら・もとお  69

 

 記録映画監督。「ヒロシマ・原爆の記録」、「ヒロシマ・母たちの祈り」などを監督。
10 2012 宇根利枝 うね・としえ 93 「宇根李枝さんが死去 慰霊碑に献水 半世紀以上 93歳」(『中国新聞』20120212、田中美千子記)
10 2018 松原美代子 まつばら・みよこ 85 12歳の時、建物疎開の作業中に爆心地から約1.5キロで被爆。<別記予定>
11 1985 村上忠敬  むらかみ・ただよし  77  広島大学高師教授。[50ヒロシマ・ピース・センター建設協力者]。広島大学名誉教授。1970年4月~74年3月、広島女学院大学長。1968年~83年、核禁広島県民会議議長。在韓被爆者のための医師団派遣などに尽力。[70ヒロシマ会議]
11 1990 レイノルズ、バーバラ  れいのるず、ばーばら  74

 

 米の平和運動家。1951年に来広し、18年間広島市に滞在、1962年に広島・長崎平和巡礼団を組織するなど平和運動に貢献。
11 1992 殿敷侃 とのしき・ただし 50

 

 環境アーチスト。3歳の時、広島で被爆し、両親を失う。
13 1970 近藤寿治  こんどう  被爆時、広島文理科大学学長(兼高師校長)として出張中。後日入市[広島大学]
16 1994 小佐々八郎  こささ・はちろう  88  日本被団協顧問。長崎原爆被災者協議会会長などを歴任。藤居平一氏の紹介で自宅を訪問。
17 2011 黒川万千代 くろかわ・まちよ 81 国際平和運動家。<別記予定>
18 2011 尾糠政美 おぬか・まさみ 18 被爆写真家。<別記予定>
18 2012 庄野直美  しょうの・なおみ  86  九州帝国大学理学部1年のとき入市被爆。宇吹追悼文あり。<別記
20 1979 金子弥吉  かねこ・やきち  山口県被団協初代会長。
22 1968 名越史樹 なごや・ふみき 7 白血病で死亡。<別記予定>
26 1955 今堀恭子  いまほり・きょうこ  43  被爆当時広島市女教諭。広島文理科大学の第1回女子卒業生。今堀誠二・元広島大学総合科学部長の姉。
26 1968 浜井信三  はまい・しんぞう  62  広島市長。[50ヒロシマ・ピース・センター建設協力者]。[52広島平和問題談話会]。[54世界平和集会世話人(発起)]。[原水爆禁止世界大会日本準備会代表委員]。[日本原水協代表委員]。<別記予定>
26 2002 鎌田定夫 かまた・さだお 72 長崎平和研究所長。<別記予定>
26 2003 藤原彰 ふじわら・あきら 歴史学者。<別記予定>
27 1987 亀井文夫  かめい・ふみお 78  映画監督。被爆者を描いた「生きていてよかった」(1956年)などを制作。<別記
28 1986 パルメ、オロフ  ぱるめ・おるふ  59  スウェーデン首相。暗殺。1981年に、「軍縮と安全保障に関する独立委員会」委員長として、来広し、原爆資料館などを見学。
30  1985 中野好夫  なかの・よしお  81  英文学者。原水禁運動などに尽力。[82推進連絡会議呼びかけ人]。学生時代の友人の父。