01月忌(一覧)

  1月に亡くなった人々
没年 名前 よみ 享年 備考
02 1994 日詰忍 ひづめ・しのぶ 91 広島県被団協理事。1955年皆実原爆被害者の会会長。原水爆禁止広島母の会の活動、機関紙「ひろしまの河」。<別記
02 2011 林幸子 はやし・さちこ 81 原爆詩「ヒロシマの空」の作者。「林幸子さん遺影登録 広島祈念館」(『中国新聞』2018.6.7 西本雅実の紹介記事)
03 2000 山口勇子 やまぐち・ ゆう 83 児童文学者。『広島県現代文学事典』(三浦精子執筆)。1982年3月25日、平和親善センターで面会。三宅・網岡両氏、同席。別記
04 1969 高野源進 たかの・げんしん 73 広島原爆被爆時の広島県知事。広島原爆被爆時の広島県知事。参考文献:安藤福平「原爆被災と行政」(国際平和拠点ひろしま構想推進連携事業実行委員会(広島県・広島市)編『広島の復興経験を生かすために 廃墟からの再生 第3巻 ひろしま復興・平和構築研究事業報告書』2017年)
04 2010 山口彊 やまぐち・つとむ 93 三菱重工業長崎造船所設計技師。広島と長崎で被爆。
04 2015 金子一士 かねこ・かずし 89 船舶会社に勤めていた19歳の時入市被爆。広島県被団協理事長。「本川小学校平和資料館」(1988年5月開設)の開設前に面談。「金子一士さんを偲び意志をつぐ会」(2015年5月16日、広島国際会議場)に参列。<別記予定>
05 2000 伊藤サカエ いとう・さかえ 88 日本原水爆被害者団体協議会代表委員。広島県被団協理事長。広島県呉市生まれ。広島市鶴見橋で建物疎開作業の勤労動員中に被爆。矢野町議会議員、同町婦人会長などを歴任。「伊藤サカエさんを語る会」(広島市原爆被害者の会主催、2013年4月16日。4回目の「先人を語る会」)
05 2012 林光 はやし・ひかる 80 作曲家。1971年合唱曲「原爆小景」。「反核・日本の音楽家たち」の呼びかけ人」。
06 1998 安江良介 やすえ・りょうすけ 62 岩波書店社長。大江健三郎の広島取材を編集者として支える。1998年8月15日、日本ジャーナリスト会議広島支部「8・15不戦の夕べ」で講演「戦後民主主義とヒロシマ」。<別記予定>
07 1989 裕仁 ひろひと 87 追号:昭和天皇。宮内庁ホームページhttp://www.kunaicho.go.jp/
07 1996 岡本 太郎 おかもと ・たろう 84 芸術家。メキシコで制作した壁画「核の神話」の広島市への誘致運動が起こる。<別記予定>
08 1975 山田節男 やまだ・せつお 76 広島市長。1969年ハマーショルド記念国際平和賞受賞。[70ヒロシマ会議]。『山田節男追想録』。<別記予定>
08 1994 サマヴィル、ジョン・M・ 88 米国の哲学者。『平和のための革命』(ジョン・サマヴィル、芝田進午訳、岩波書店、19741216)
09 1978 久保良敏 くぼ・よしとし 64 [51広島大学平和問題研究会理事(皆)]。広島大学名誉教授。産業社会心理学専攻。被爆直後の人間の心理を初めて学問的に分析。遺された資料を一時預かる。
09 1885 藤井日達 ふじい・にちだつ 99 日本山妙法寺の山主。1982年の国連軍縮特別総会に参加するなど平和運動に貢献。[77被爆国際シンポ日本準備委員会結成呼びかけ人]。[82推進連絡会議呼びかけ人]。『毒鼓(どっく)』(藤井日達、わせだ書房、1961.5.10)。『写真集 撃鼓宣令』 (柏樹社、19850528) http://nipponzanmyohoji.net/
10

 

1951

 

仁科芳雄 にしな・よしお 61

 

物理学者。岡山県生まれ。理化学研究所で1943年に原爆開発のための「二号研究」を発足させる。被爆直後の広島・長崎で調査。[50ヒロシマ・ピース・センター建設協力者]。<別記予定>。『広島県史 原爆資料編』に関連資料を収録。
10 1967 パールRadhabinod Pal 71 インド人法律家。東京裁判でインド代表判事を務める。彼の原爆慰霊碑の碑文についての発言をめぐり論争が起こる。『日本無罪論』、『平和の宣言』。<別記予定>
11 1966 大原博夫 おおはら・ひろお  71 衆議院議員。広島県会議員、同議長。広島県知事。広島県医師会長。『大原博夫伝』(大原博夫追想録編集委員会、1971.3.20)<別記予定>
12 2019 市原悦子 いちはら・えつこ 82 俳優。映画「黒い雨」(今村昌平監督)に出演。
13 2000 赤松俊子 あかまつ・としこ 87 →丸木俊。『広島県現代文学事典』
13 2000 丸木俊 まるき・とし 87 画家。疎開先の浦和市から広島に入市し被爆。夫・位里と『原爆の図』全15部を制作。世界平和文化賞(1953年)、国際童画ビエンナーレのゴールデンアップル賞(1971年)、朝日賞(1995年)などを受賞。
14 1992 於保源作 おぼ・げんさく 87 広島市医師会副会長。被爆者の癌の疫学的研究の草分け。『面影 原爆ガンと取組んだ町医者 於保源作』(小川加弥太・於保信義編、渓水社、1993.1.14)
15 1983 大西良慶 おおにし・りょうけい 107 京都、清水寺貫首[77被爆国際シンポ日本準備委員会結成呼びかけ人]1981年、7月、京都の宗教家らと「核兵器廃絶アピール」発表。[82推進連絡会議呼びかけ人]
15 1984 中津泰人 なかつ 『慟哭・川柳句集』(中津泰人、19740725)。串かつ川柳会主宰。1973年に呉原爆被爆者友の会結成、同会会長。
15 1988 マクブライド、ショーン 83 アイルランドの政治家。1974年ノーベル平和賞、77年レーニン平和賞受賞。1977年広島市でのNGO主催の被爆問題国際シンポジウムに参加。『広島県現代文学事典』
15 2005 松江澄 まつえ・きよし 85 1959年に日本共産党初めての県議。元広島県原水禁常任理事、元統一労働者党議長。<別記予定>
16日 2002 いぬいとみこ いぬい・とみこ 77 本名乾富子。児童文学者。「いぬいとみこさんとヒロシマ 「体験」の壁執念の取材」(『中国新聞』2002.1.22 石井伸司記)。『広島県現代文学事典』(三浦精子執筆)
18 2015 御庄博実 89 →丸屋博
18 2015 丸屋博 まるや・ひろし 89 1945年8月8日、広島入市。詩人(御庄博実)。広島共立病院名誉院長。『広島県現代文学事典』
20 1974 ブランデン、エドモンド・ 77 『広島県現代文学事典』
20 1990 田淵昭 たぶち・あきら 83 元広大医学部付属病院長。胎内被爆小頭症の調査に尽力。
20 2019 北西允 きたにし・まこと 93 「生きて 政治学者 北西允さん」(『中国新聞』2013年4月9日~27日、15回連載、担当:編集委員・西本雅実)。<別記予定>
21 2008 浜本万三  はまもと・まんそう 87 広島県選出の元社会党参院議員。1974年に初当選し、通算3期。『花は想う人の側に咲く 浜本万三回顧録』(浜本万三、広島大学文書館(編)・現代史料出版・東出版(出版)2009.1)<別記予定>
23 2008 相原秀次 あいはら・ひでつぐ 98 日本映画社の企画部員として広島・長崎への原爆投下直後から記録映画の製作に従事。<別記予定>
23 2011 喜味こいし きみ・こいし 83 漫才師。「喜味こいしさんを悼む 上方漫才の正道歩む」(権藤芳一記)「戦争やったらあかん 被爆体験とつとつと」(岩崎秀史記)(『中国新聞』2011.1.26)
25 1986 吉川清 きっかわ・きよし 74 「原爆 1号」と呼ばれ、被爆者運動に尽力。[原爆被害者の会代表者]。<別記
25 1994 森滝市郎 もりたき・いちろう 101 京都帝国大学卒。広島高等師範教授を経て広島大学文理学部教授。1953年から原爆孤児を支える精神養子運動を展開。広島県被団協理事長。広島大学。自宅で面識、資料閲覧。<別記
25 2011 石田忠 いしだ・ただし 94 一橋大名誉教授・社会学、元日本原水爆被害者団体協議会専門委員)。追悼集:『社会調査家 石忠さん 石田忠先生(1916~2011)生誕100年を記念して』廣澤昌(著者)沓石会(編集発行)<別記予定>
26 2019 葉佐井博巳 はさい・ひろみ 87 広島大名誉教授。広島の原爆被爆時、広島一中2年生。学徒動員先の兵器製作所(現廿日市市)できのこ雲を目撃。翌日に入市被爆。被曝線量推定方式を見直す日米合同研究グループの日本側座長。2002年、新しい推定方式「DS02」をまとめる。「被爆建物等継承方策検討委員会」(広島市が1991年7月24日に設置)で同席。
28 2003 川村智治郎 かわむら・としじろう 96 広島大学元学長。被爆建物の旧広島大学理学部1号館の保存に尽力。
29 1986 鈴木直吉 すずき・なおきち 90 1948年広島県立医科大学教授。広島大学医学部教授。「鈴木直吉先生の御逝去を悼む」(片岡勝子記、『(広島大学)学内通信』1985.3.25)<別記予定>
29 2013 熊田重邦 くまだ・しげくに 92 広島女子大学教授、広島県史編さん室室長、広島県立文書館館長<別記
30 2016 亀本和彦 かめもと・かずひこ 69 小学校・高校の同級生。「祖母も伯母もその日路面電車に乗っていて被爆し、また、父も翌日軍務で広島市街地に入って被爆」(彼のブログより)<別記予定>
31 2018 吉田治平 よしだ・じへい 95 845年8月6日の広島壊滅を福岡で聞く。軍命令で神奈川へ向かう途次の5日、上幟町の実家跡を掘り返す。1950年に広島自由労組を結成。1977年失対労働者100人の証言『わしらの被爆体験』を編む(西本雅実「評伝・吉田治平さん」『中国新聞』2018.2.9)<別記予定>